かつては清朝末期の最高級クラブだったホステルの「前門客棧」

print

北京のホステル「前門客棧」の建物の歴史は1875年まで遡ることができます。清の末期の時代、かつては最高級のクラブでした。特に当時の有名人の間ですごく人気が高かったです。二つの庭がついている木製の騎馬楼の構造で、いまは、四十室以上の客室を提供できるホステルと改造されました。



小さいホステルだが、あるべきものはすべて揃っています。フロントロビーのカウンター、小さなレストランと休憩ルームを通り抜ければ庭に出ることができます。三つの客室が用意された建物はそれぞれ二、三階建てになっており、浴室付の標準ルームと四人から六人で泊まれるドミトリールームもあります。ホステルにあるテラスには二つのテーブルとたくさんの椅子が置かれ、夕方はここでビールを飲んで、よもやま話や旅の途中の出来事を語ることもできます。さらに、ここ前門客棧の交通も便利で、近くの大柵欄、楊梅竹斜街まで歩いてぶらりとすることもできます。

<INFO>

住所:北京市西城区煤市街33号

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved