北京のお寺・潭柘寺

print


お寺の山門は三門とも呼ばれています。お寺は三門並立であるため、真ん中の門の両側に低い門があり、仏教の三解脱門、いわゆる空門、無相門と無作門を象徴します。それゆえ、一般人は出家し、僧や尼になることは「空門に入る」と呼ばれています。潭柘寺の山門は石造りになっており、真ん中の六つの楷書体の字「敕建岫云禅寺」と書かれている漢白玉の横額は清の康熙帝が自ら題したものだと言われています。

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved