飲食企業はリテール化を進む

print

2013年の低迷期を経て、飲食業界は近年、発展のピークを迎えている。統計によると、2017年の全国の飲食業売上高は3兆9644億元で前年比10.7%増加した。今年1~4月の全国の飲食業売上高は1兆2736億元で前年同期比10.1%増、2桁増を維持。飲食業の発展とイノベーションの加速に伴い、「嘉和一品」や「呷哺呷哺」などの飲食企業はリテール化を進めている。

先日開かれた「2018中国飲食産業革新サミット」で、中国料理協会の姜俊賢会長は、「ITの発展と飲食企業との融合に伴い、一部の飲食企業は業種を超えた経営方法に移行し始め、業務も時間、出前、配達、さらに包装商品を全面カバーする経営スタイルになっている」と話した。

伝統的な飲食企業は飲食業のリテール化を進めており、「海底撈」や「呷哺呷哺」などの火鍋ブランドも自社の火鍋調味料を販売し、売り上げも好調となっている。姜俊賢氏は、「消費アップグレードの背景のもとで、飲食+EC+リテールは最新のトレンドになり、100強企業もブランドの多元的・多様化発展を図っている。100強企業の20%が食品加工業を開始したが、伝統の飲食のリテール化はまだ模索段階にある」との見解を示した。


「中国網日本語版(チャイナネット)」より

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved