あまり知られていない長城・西大楼長城

print

「西大楼(さいだいろう)長城」は真っ直ぐに崖で立っています。西大楼長城は今までも完璧で、三メートルくらいな石と土台も綺麗で、人みたいな垣も完全で、煉瓦も完全に揃っています。もし、お客さんが細心になったら、ここはいっぱいな文字が煉瓦で印をつけている。煉瓦は胚になる前に、文字が記して、百年千年で長城に彫刻した。

西大楼長城は「大榛峪(だいしんよく)」長城の最西で、一番高い嶺です。だから地元の人は「西大楼」の名前をつけました。西大楼長城の高さは箭扣長城の北京結(958m)と正北楼(945)だけよりすごし低いです。西大楼と北京結は東西両方でお互いに眺望しています。



西大楼と北京結の距離は大体6.15メートルで、歩きでいたら、9.15メートルです。それだけじゃなく、西大楼の北路と北京結の東路の形はともに素晴らしいです。城壁は山の形とおり、曲がりくねっているから、見渡したら、テープが風に翻っています。

西大楼長城の嶺は険要して、雲にそびえ立っている。西大楼長城の東路は谷底の大榛峪から賈家口関とも呼ぶれます。長城は鰻登りように上げて、高低の差は四百四十六メートルになります。はしごみたいな八十度の城壁は空に突進していきます。西大楼長城の北路から、下の三岔村が見えます。長城は逆面の北向きを変えて、西に曲がって、南に曲がれば、漢字の゛几゛ようなまるがをなすます。山と壁は切り立っていて、あたかも破滅な道のように、険しくてよじ登れできないです。

<INFO>

住所:北京市懐柔区響水湖の西側

北京で淮揚料理を食べるならここ「淮揚府」

ランキング

夏はやっぱり酸梅湯が一番!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved