小暑の節気、中国にはどんな風習がありますか?

1530576400

七月七日には正式に「小暑」という節気を迎えて、天気が段々熱くなりました。小暑にどんな面白い風俗や習慣があるでしょうか?一緒に見てみましょう。

レンコンを食べる

二十四節気では、けっこう餃子を食べる風習があります。小暑ももちろん、北京を代表の中国の北のほうはやはり餃子を食べます。でもそれ以外、中国の民間では小暑の節気にレンコンを食べる風習があります。



レンコンには大量の炭水化物と多様なビタミンが含まれて、清熱・血液増やし・イライラを押さめるなどに効くし、夏に弱火で煮込んだ新鮮なレンコンを薄く切って適当に蜂蜜を加えて食べると、心を静める効用があります。

タウナギを食べる

冬の病は夏に治すという民間の医療法では、タウナギの治療効果が抜群で、そして小暑前後一ヵ月間の夏タウナギが最も美味しくて体に良いです。タウナギには高いタンパク質と、コイやフウセイより倍以上の鉄のほか、数種類のミネラルとビタミンを含有しているので、消化不良による下痢にとても効きます。

書画や服を干す



小暑に書画や服を日にさらすのも民間の風俗の一つです。それは「旧暦6月6日に、軒並みの赤・緑」という歌の通り。「赤・緑」とは、色とりどりの服のことです。その理由というと、小暑頃は一年中で気温が最も高く、日当たりの時間も最も長く、太陽の輻射が最も強い日なので、軒並みがカビや虫を防ぐため、箱に入れた服を取り出して、日にさらすわけです。

マンゴーを食べる



小暑頃は、マンゴーの成熟・産出時期です。伝説によると、昔、ある敬虔な信徒が自分のマンゴー園を休憩場所として釈迦牟尼に捧げたという。それから、夏になったらマンゴーを食べる風習が流行ってきました。

置きっぱなしの露天木材に腰を掛けないこと

「冬は石に座らない、夏は木に腰掛けない」というのが民間のことばです。熱い時期は気温も湿度も高いです。ベンチなどの置きっぱなしの露天木材は、干し物に見えますが、露や雨がたくさん込まれて、日光に当たると、高い温度で木材の中の湿気が外に発散します。上に座ると、痔やリウマチ、関節炎などを誘発する可能性があります。

熱解消のためのスープまはお粥を飲む



「三伏の熱」と言われていますが、小暑は酷暑の始まりです。蓮の葉とサンキライ、フジマメ、薏苡仁などの材料を煮込んだ熱解消のスープまたは粥は甘いかちょっとしょっぱい味がして、この節気にぴったりです。また果物を食べるのも暑さを防げますが、下痢しないように量を超しないでください。

羊肉のスープを飲む

中国の北方地方では、小暑の節気にあると、羊肉のスープを飲む習慣があり、それは体に栄養を補給できる一方、「羊」と「陽」の発音が同じで、夏に多く失った陽気を羊で増加できると古人が思い込んだからという。


北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved