北京・順義区の二つのグルメを紹介

print

順義区のグルメ——糖瓜

「糖瓜儿粘」とは過去、「灶王(かまど神)」を祀る「廿三(旧暦毎月二十三日)」になると、麦芽糖で作られた糖瓜、関東糖をお供えし、かまど神が玉皇大帝に報告する際、美言してほしく、飴でかまど神の口を封じ、余計なことを話さないでほしいという意味が込められています。



北京の民間ではこんな言葉があります「灶王爺升天——好話多講昇天(かまど神が天に昇り、神々に報告する際はいいことをたくさん報告してほしい)」

順義区のグルメ——京東酸菜饢豆腐

北京開心庄園果実園の京東酸菜饢豆腐は2016年度北京郊外旅行特色あるグルメ賞味イベントで熱い料理トップ10を獲得しました。酸菜饢豆腐は酸菜、豚バラ、豆腐と粉条を一緒に煮込んだもので、冬に友達と一緒に食べるのが最適です。


北京で淮揚料理を食べるならここ「淮揚府」

ランキング

夏はやっぱり酸梅湯が一番!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved