中国の昔話・「半殺し」

1531441621

「半殺し」

翌さんは、金がないので正月が迎えられないと困っていた。当時、街にはかなり意地の悪い金持ちがいて、いつも貧しい人たちをいじめては楽しんでいるという。で、翌さんはいくら考えてもすぐには金が手に入る手段がないので、仕方なくその金持ちの家を訪ねた。

「なんだと?銭をかしてくれだと?」

「ええ、銭がねえもんで、正月を迎えることも出来ない有り様で」

「今日は貸すわけにはいかねえんだよ」

「そんなこといわないで、貸して下さいよ」

「ふん!銭は貸さないよ。そのかわり、銭をやろう!」

「え?銭をわたしにただで下さるのですかい?これは人の良い旦那ですね。さっそくもらいましょう」

「何を言いやがる。誰もただでお前にやるとは言ってないよ」

「じゃあ、どういうことで?」

「おまえに銀千両やるかわりに、お前を殺すのだ!どうだい。銀千両とくりゃあ、大金だよ」

「え?銭をくれる代わりにおいらが殺されるのですか?」

「そういうこと」

「そんな。旦那、命がなくなりゃあ、何もかもおしまいでしょう?」

「そうさな。が、仕方があるめえ。銭はほしいのか。あるいは命がほしいのか?どうだ?」

「そんな無茶な」

「じゃあ、やめときな」

これを聞いて翌さん暫く考えてから答えた。

「じゃあ、こうしましょう。旦那、銀千両じゃなくて、半分の五百両を貰いましょう」

「なに?半分の五百両がほしい?」

「そう、その代わり、わたしを半殺しにしてくださいよ。半分の五百両で半殺し、それでいいでしょう?」

これを聞いた金持ちはポカーンとしているだけだったそうな。


「中国国際放送局」より

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved