北京観光の公式サイト・北京旅行網-北京市観光発展委員会が運営する非営利的なウェブサイト

中国の昔話・「短い魚」

1531441625

「短い魚」

伊さんは、年末に商いがうまく行き、正月になったというのでしぶしぶ過ぎ去った年に世話になった人を招いて家で一席設けた。しぶしぶというのは伊さんが普段からけち臭かったからである。

さて、客はけち臭い伊さんが一席設けたというので、珍しがり、どんなものが出るかと興味を持ってやってきた。その日は伊さん、野菜料理のほかに、魚料理を出した。が、魚は真ん中をとって頭と尻尾をくっつけたものだからいずれも短い。これをみて客たちは伊さんに聞く。

「伊さんよ。伊さん。この魚はどこで取れた魚かね」

「なんです?急に。魚は川から取れたものに決まってるでしょう」

「でも、いずれもかなり短いね」

「魚が小さいのは猟師がわるいのですよ」

「なんでえ、しかねえ。伊さん、今日の魚はみな狭い井戸で取れた魚でしょう、どうりで短いわけだ」

これには伊さん、目をパチパチさせて何もいえなかったそうな。

さて、暮らしは豊かな方がいいのに決まってますが、お金ほしさにいろいろと考えが出てくるものですね。昔はこんな人がいたようです。


「中国国際放送局」より

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved