明の十三陵で見る祭典

print


明の時代、十三陵は厳重に警備されたところです。陵園の正門としての南にある大宮門の左右には、それぞれ石碑が聳え、その上には、「役人らはここに至りて下馬せよ」という楷書が刻まれています。重要な祭りを行う場合、大臣や皇帝までもここで馬やかごから降りて、陵まで歩きます。その時、敵軍を防ぐため、陵園の周りに城壁が建てられるし、軍隊が昼はもちろん夜も休まずパトロールしていました。そんな歴史ある景勝地で行われていた祭典とはそんな感じですか。一緒に見てみましょう。

「北京旅行網韓国語版」より

北京で淮揚料理を食べるならここ「淮揚府」

ランキング

夏はやっぱり酸梅湯が一番!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved