上海の老舗グルメを北京で堪能しよう

1531182919

「老上海城隍廟小吃」という店は上海の老舗のおやつ屋で、老上海の風情のインテリアをする店です。カウンターで注文して支払ってから、店員が料理をテーブルまで持ってくれます。看板メニューは小籠湯包と「生煎包(焼いた肉まんじゅう)」、「エビの油墩子(アンのあるフライド麺類の一つ)」、「蝶々の燻製の魚(蝶々の形にする魚の料理)」、「蘿蔔絲酥餅(大根の千切り餅)」、肉の粽、「蔥油香麻餅(ネギ味の胡麻餅)」、「薺八寶飯(もち米に干し果物や蓮の実などを混ぜて蒸すご飯)」、「蟹殼黃(カニの形をする胡麻餅)」等のあり、とても本場の味をします。



薺のワンタンは一皿八個分で、「元寶(中国古代の馬蹄形の金塊や銀塊)」ぐらいの大きさで、具がたっぷり。お肉に薺を混ぜて食べると、とてもさっぱりしています。「大排面(スペアリブ面)」のスペアリブはとても大きくて分厚いし、塩味で微かに甘いし、食べると美味しい。歯ごたえのいいソーダ面ともちもちする鹵卵を加えて大満足。看板のエビと豚肉の小籠包がおすすめ。半透明の皮を一口噛んでから、旨い汁が口の中に流れ込み、潤って美味しい。豚肉の中には滑らかな海老一つあります。「三絲春巻」もおすすめで、シイタケの千切り、筍の千切りと肉の千切りの三つの新鮮で美味しい食材に片栗粉を混ぜて黄金色のサクサクする春巻きの皮に包みます。上海の言い方からすれば、「眉が落ちるほど新鮮で美味しい」。

<INFO>

住所:北京市安定門外西河沿14号棟

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved