街角で学ぶ中国語・おせんべいの先生

print


日本人が見ると、おせんべいの先生って、誰?という感じ。

日本語と中国語は漢字が共通しているが、意味が同じものもあれば、違うものもある。このせんべいは日本のせんべいとは違って、小麦粉などを水で溶いて薄く焼いたもの、クレープのようなものである。この中に具を挟んで軽食として街角で焼いて売られている。先生は、教師の意味ではなく男性への敬称になる。

かといって、せんべいさんでは、ちょっとしっくり来ないので、日本語というか外来語で、「ミスターせんべい」と訳すとお店の名前っぽいでしょうか。外国の文化ボーダレスになってきて、日本語でも外来語を使ったほうがわかりやすいこともあるね。


「中華網日本語版」より

北京で淮揚料理を食べるならここ「淮揚府」

ランキング

夏はやっぱり酸梅湯が一番!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved