北京観光の公式サイト・北京旅行網-北京市観光発展委員会が運営する非営利的なウェブサイト

十三陵鎮にある古木がある村

1531441376

「万娘墳村」は北京の十三陵鎮に位置し、村には明の憲宗皇帝の貴妃である万氏の墓があるからこう命名されました。万娘墳村は名前の通りに、人々を感嘆させるほどの恋の伝説と歴史文化を有しています。

万貴妃は成化皇帝の一番気になる妃であり、それに皇帝より19歳年上なので、確かに伝説的な恋話でしょう。万貴妃は明朝において生前も死後の時も貴妃の称号を得る唯一の妃。万貴妃のお墓は十三陵の蘇山の麓に位置し、東向きで凸の形をして前が方形で後ろは円形で、南北の長さは200メートル、東西の長さは140メートル、面積は約40ヘクタール。塀は緑の瑠璃の瓦をベースにして、黄色い瑠璃を飾り、本物の「皇家の模様」。

万娘墳は十三陵文化遺産の一部として、五百年以上の歴史の中で、たくさんの困難を乗り越えてききました。中国の改革開放後、政府が文物の保護を重視しているため、お墓の文物は保護されました。二十一世紀に入り、昌平区の政府がまた資金を調達して塀等の文物に対して修繕を行いました。城の正面口の東側の近くに北京市一級保護に記録されている古いエンジュの木があります。300年以上に生きて、太くて大きい木の幹で伸びていく樹冠は差している大きな傘のように、村の数百名の人々を守り続けています。

<INFO>

住所:北京市昌平区十三陵鎮に位置する

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved