北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

和洋折衷のレストラン「大千食」

1533535019

「大千食」という店は規則的でない透明なガラスルームという外見で、中の構造も気ままで独特ですから、レストランよりもアートエリアのように見えます。店長の紹介によると、ここはフランス人のデザイナーによるものという。階下が展示ゾーンで、あるコレクターに各国から持ってもらった珍しい小型遊具と骨董品の自動車が並んでいます。



レストランとつながる反対側が同じ会社の傘下にある美術館です。このレストランはもともと美術館に基づいて設立されたものですが、現在に至って青年芸術界のための展示場ともなっており、一部の小型展示会もこのレストランで行いました。

青年芸術家が腕を披露する場所としてグルメと芸術とがここでよりよく融合するようになることは、このレストランの店主の願いです。そして国際友人の口に合えるため、ここは伝統的な日本料理と西洋料理を結合して、つまり本場の日本料理を経営すると同時に、「和洋折衷」の創意料理もメニューに載っています。

<INFO>

住所:北京市酒仙橋路4号798アートエリア内

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved