北京の写真映え穴場スポットであるキャンパス

1535933394

「中国人民大学」の東門に入ると淡い花の香りが漂ってきます。その香りに引き寄せられて進むと、噴水広場の傍の廊下に茂っているフジが見え、深い紫色と淡い紫色が混じり、流れているようで、笑っているようで、人々の気分をよくさせてくれます。中国人民大学のキャンパスはまるで春を閉ざしているように、いろいろな花が咲き誇り、赤色の花、ピンク色の花、黄色の花、紫色の花があり、非常ににぎやかです。メイン道路の周りに幾つかの小さな庭園があり、庭園の中に幾つかの長椅子又は石椅子があり、その上に座って休憩・読書・雑談することができ、ゆっくりとくつろぐことが出来る楽園になっています。もちろん春だけではなく、夏もあきも冬も見所が満載♪



中国人民大学の建築物はほとんどが情緒溢れる西洋スタイルです。明德楼は中国人民大学の西門にあり、授業や劇場観賞、スタジオなどの機能を一体化した多機能現代化総合建物で、建物全体の色は中国の伝統的な朱色で、中国人民大学の最も立派な建物と言えます。



百家廊は中国人民大学の西門の真正面にあり、「諸子百家、百家爭鳴」の意味です。朝にここは学生たちが本を朗読する良い場所で、夜はダンス、健康運動をする素晴らしい場所となります。廊下内に松とコノテガシワが茂り、緑の樹木と赤い花があり、百家廊につながる数本の丸石を敷いた小道は曲がりくねっており、まさに曲がった道がうす暗い場所に通じています。



世紀館は明德楼の東南方向にあり、一勺池と百家廊に面し、現在国内大学の中で最も大きな多機能文化・体育館です。毎年多くの新入生はここから中国人民大学に入り、多くの卒業生もここからキャンパスを出ます。

大学内の東区食堂は豊かなメニューがあり、そして階上・階下のドリンク屋も素晴らしいです。二階で自分が気に入る甘酸っぱくて美味しい焼きヨーグルトを一杯飲むと、涼しくて快適になります。列に並ばなくてグルメを食べたいなら、中国人民大学の東食堂の二階に来てください。

<INFO>

住所:北京市海淀区中関村大街59号(北京市海淀区中关村大街59号)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved