四季に渡り風景が変わる北京大学のキャンパス

1536019742

「北京大学」のキャンパスは「燕園」とも呼ばれ、淑春園、勺園、朗潤園、鏡春園、鳴鶴園、蔚秀園、暢春園、承沢園などが含まれ、明・清時代は有名な皇室園林で、数百年間に何度も壊されて建て直したが、その基本的な配置とスタイルは依然として存在しています。特に燕園の春は天国のようで、快適な春の光が星のように降っています。また春を除き、四季に渡り燕園の美しい景色は人を酔わせます。



「博雅塔」は未名湖の湖畔にあり、キャンパスの給水塔です。デザイナーは巧妙に構想し、舍利塔の様式にデザインし、タワーの雄壮と未名湖の柔軟は巧妙に融合し、遠くから眺めると絵になります。晴れるときに、博雅塔の倒影は未名湖の柔らかい波に映り、まるで流れている絵巻のようです。




「未名湖」は北京大学のキャンパスの中北部に位置し、緑の樹木に囲まれ、山と石に抱かれています。未名湖に向いて座ると、非常に快適です。多くの国学の巨匠はここで古代のことにつき語り、現代のことにつき論じ、思想を交流したことがあり、それがゆえに未名湖もより一層奥深い趣を持つようになっています。



燕園の南部には静かで奥深い庭園があり、その中で樹木が茂り、鳥がさえずり花が咲き、これは「園の中の園」と呼ばれている燕南園です。燕南園に入ると、まるでこの世でない雰囲気もあり、昔の北京にタイムトラベルしたようです。燕園竣工後の初期に、ここは北京大学の教師の住宅エリアで、文学者の氷心夫婦など有名人は皆ここで暮らしたことがあります。それがゆえに燕南園も北京大学の精神的聖地になっています。また、北京大学のキャンパス内には多くの有名人の塑像もあり、日本とゆかりが深い方も数多く居ましたから、興味があったら行ってみましょう。

<INFO>

住所:北京市海淀区頤和園路5号(北京市海淀区颐和园路5号)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved