北京観光の公式サイト・北京旅行網-北京市観光発展委員会が運営する非営利的なウェブサイト

宇宙マニアに必見!スケールが大きい博物館

1535588792

「北京航空航天大学」は北京中関村ハイテク核心エリアに位置し、中国の国家オリンピックスポーツセンターに隣接し、新中国の最初の重点航空大学です。学校の敷地面積は3200ムー以上で、延床面積は150万平方メートル以上です。この大学の見所はなんと言ってもその博物館の多さにあります。北京航空航天大学のキャンパス内に科技創新館、航空航天博物館、晨興コンサートホール、水泳館、ロッククライミング施設、校史館があります。



学院路校区には中国初の国際レベルのブルーのゴム走路とアジア最大の単体建物のスマートな教室棟(北京航空航天大学の新しいメインビル)があります。北京航空航天大学のキャンパス内に護衛がパトロールし、赤外線対射の侵入防止システム、門禁システムと防犯カメラがあり、非常に安全です。キャンパスは環境が美しく、緑園、蓮花池、南湖、桜園などの園林施設があります。広場、トレーニング機器などの活動施設及び噴水、塑像、文化石などの景観があります。



北京航空航天博物館の前身は北京航空館であり、1985年に建てられ、北京航空飛行機構造陳列室、飛行機倉庫の上で拡張されたもので、中国初の航空航天科学技術分野における総合科学技術館です。博物館の展示エリアの面積は8300平方メートルで、4つの展示エリアに分けられています。300点以上の国内国外公認の精選航空宇宙文物及び構造、エンジン、搭載設備などの企業な実物を展示しており、豊富な科学原理と奥深い歴史を受け継ぎ、展示品はハイテクノロジーで航空宇宙原理及び人類が宇宙へ向かうまでの歩みを見せてくれました。飛行機などに興味がある方やお子さん連れな方におすすめのスポットです。

<INFO>

住所:北京市海淀区学院路37号(北京市海淀区学院路37号)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved