ミュージカル「キンキーブーツ」北京公演が24日から

1535334478


2013年のトニー賞で6部門を受賞し、社会現象ともなった超人気ブロードウエイ・ミュージカル「キンキーブーツ」の北京公演が8月24日から北京天橋芸術センターで始まり、計29公演が予定されている。中国新聞網が報じた。

十数年、ひいては数十年世界中で公演を行っている名作ミュージカルと比べると、「キンキーブーツ」は2013年に米ブロードウェイ・シアターで初めて上演された比較的「若い」作品と言える。至って普通の人物が逆襲を果たして成功していく姿を描いた物語。舞台はイギリス、靴製造工場を継いだチャーリーが、ドラァグ・クイーンのローラと偶然知り合い、当初は全くそりが合わなかったものの、少しずつ打ち解けて親友になり、ドラァグ向けの特注靴の製造に成功し、歴史ある工場の経営立て直しに成功する。

ブロードウェイ・シアターでの出演者が登場する「キンキーブーツ」の公演が今年の夏、北京、上海、広州で行われることが発表されるとすぐに、業界関係者や多くの人の間で話題となり、この40日間にわたってすでに上海と広州で45公演を終えており、シンボルマークでもある「赤いブーツ」がインパクトある大ブームを巻き起こしている。そして、大好評を博しているこの「キンキーブーツ」が中国の最終公演地である北京に24日にやって来る。

22日に行われた記者会見では、主演6人が上海と広州で熱烈な歓迎を受けたことを熱く語った。6人は、初の中国訪問を興奮と共に楽しみながら、異国の地でも多くの人に快く迎え入れられたことを喜んでいた。

主演のJosは、「世界中で大ヒットとなっている主な理由は、『キンキーブーツ』のストーリーが『理解』、『思いやり』、『包容』をめぐって展開し、『靴を作る』主人公のエピソードを通して、『自分らしく生きる』ことを伝えているから。特に『Just be you wanna be(なりたい自分になればいい)』というセリフは、世界各地のいろんな背景、いろんな状況の観客の『勇気を出して自分らしく生きたい』という心の願いを呼び起こす。それは、誰もが心の中で願っていることだ」と話す。

同作品には、ポップ、R&B、ブルース、ファンク、ソウル、世界中で一世を風靡したディスコミュージックなど、バラエティに富んだ音楽のジャンルが盛り込まれていることも注目に値する。様々なジャンルの音楽がこのミュージカルでは、調和してコラボし、全く違和感なく、観客を魅了している。

人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved