北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

今抑えておきたい北京のインスタ映えするカフェ!

1537154608

おしゃれな秋、読書の秋、気温がちょうどよく、まさにお出かけのベストシーズン。こんな時期の北京観光、風景を楽しむのもいいのですが、時に止めて一休みをするのもとても大事!そこで、休憩も写真を撮るも向いている北京のおしゃれ女子の間で大人気なカフェをピックアップしてご紹介しましょう~

デザインがかわいいで大人気♡

「カフェ・フラットホワイト(Cafe Flatwhite)」最近北京の人気カフェとなり、たくさんの店をてんかいしています。ここのオリジナルのカフェと一味違った優雅な気品により、まるで家のリビングにいるようなカフェに仕上げました。



ファンたちが「カフェ フラットホワイト」に対する評価はいつも同じで、お手頃な値段、本場の味、おいしいコーヒー、快適な環境などなどが上げられます。コーヒー以外にも、ここは家庭料理も提供しています。店内で使用される食材はいずれもニュージーランドの高級な原料で加工されており、ニュージーランドの食材の特徴をそのまま残しました。

<INFO>

住所:北京市酒仙橋路2号院の中(北京市酒仙桥路2号院内)

中国のくまもんグッズも一緒にゲット♪

熊本県の公式キャラクター「くまもん」はゆるキャラのブームの火付け役とも言えます。その人気っぷりは日本に留まらず、海外にも熱狂的なファンがたくさんいます。このカフェは北京の人気ショッピングストリート「王府井」の「APMショッピングモール」の中に位置します。ちゃんと本場のくまもんに認定された店。



中国での愛称は「熊本熊」で意味は「熊本県の熊」ですが、その正式の中国語訳名は「酷MA萌」、直訳すると「クールで萌える熊」、なんか漢字とアルファベットが混ざっています~メニューには「酷MA萌」の表記が見えます。また、美味しいコーヒーやスイーツだけではなく、ぬいぐるみ、カバン、ノートなどのグッズも販売中なので、くまもんファンには絶対に逃せないスポットです。

<INFO>

住所:北京市東城区王府井大街138番(北京市东城区王府井大街138号)

アートを見るついでに行けるカフェ

北京の人気アートエリア「798」へ行ったことがあるなら、きっと「エース・カフェ(ACE CAFÉ)」という店を見たことがあるでしょう。有名な751火車頭広場に位置し、とても目立つ場所にあります。メタリックなお店とそばにある黒い751機関車ととても似合っています。



「ACE Café」 はロンドン発祥のバイクロック風テーマのレストランで、イギリス風のファーストフードがメインです。イギリス料理に欠かせないのがフィッシュフライとフライドポテトのコンビ。魚はとても新鮮で、本場の味です。ビーフバーガーもおすすめの一品です。とても大きなビーフパテが挟まれ、表面は香ばしくあぶられ、中はジューシーな肉汁がたっぷりです。粗びきの肉粒が入っていて、食べごたえがあります。モノクロデザインのコーヒーカップはポジティブパンクのお店とよく融け込んでいます。料理はひとまず置いて、この個性的な雰囲気は一般のカフェが及ばないものでしょう。

<INFO>

住所:北京市酒仙橋路4号798アートエリアA10(北京市酒仙桥路4号798艺术区A10)

胡同にある静かで暖かいカフェ



北京市・雍和宮の西側の五道営胡同はカフェがひしめき合っているが、この「沐茗カフェ(中国語表記:沐茗咖啡)」は特に静謐な空気に満ちています。五道営胡同は賑やかな「後海」と違い、ホッと一息つけて落ち着いた気分が味わえます。くつろげる雰囲気が漂う店内に入ると、まるで家に帰って来たかのような錯覚に陥ります。ここではソファに寝転んであくびをするのも、猫を抱きながら過ごすのも、隅の席で意中の人のことを思うのも自由。穏やかな色の照明や温もりあふれる装飾品など、至る所に心配りが感じられる店内で飲む一杯のコーヒーは、心を癒やす良薬になるかもしれないし、良い出会いの始まりになるかもしれません。

<INFO>

住所:北京市東城区雍和宮大街の五道営胡同の53号(北京市东城区雍和宫大街五道营胡同53号)

キリンが目印!湖の隣にあるインスタ映えするカフェ

北京にある話題のインスタ映えスポット「ネバー・ボォード・カフェ(Never Bored Cafè)」を紹介したいと思います。これは北京有名の観光スポット「後海」にグランドオープンしたカフェ。周りは静かで、湖から湿気を込めた風が吹かれ、目印は窓越しに見える大きなキリンのぬいぐるみ。中に入ると、白で統一されるヨーロッパ風のインテリアは落ち着いてさわやかな雰囲気が漂います。テーブルの銅色の缶にはサボテンが植えられ、日本からのコップのフチ子も置かれています。



メニューも店の名前のように、「つまらなくにはならない」ということで月替わりに変わります。一ヶ月には一つのテーマを決め、季節と旬な食材をよく考えた創意料理も試す価値あり。ほかにはスパゲティなどの軽食もあり、写真を撮りながらも美味しい料理が楽しめます。北京の定番観光地「後海」に来た際、ぜひ試してみてください。

<INFO>

住所:北京市後海南沿一号(北京市后海南沿一号)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved