携帯電話のQQで100元をスキャン 偽造防止のAR映像が出現

1536737942

12日から、携帯電話でQQを開いて第5版100元紙幣をスキャンすると、画面にフェニックス、ツバキ、3D版人民大会堂が現れるようになった。

今年は人民元発行70周年にあたり、国務院通貨偽造取締作業連席会議事務所の監修で、騰訊QQ、騰訊金融科技、中国紙幣印刷造幣総公司は「QQ・AR」人民元偽造防止知識の「インタラクティブ体験」を開始した。人民元の宣伝にAR技術が導入されるのは初めて。

記者は11日、この機能を実際に体験してみた。携帯電話でQQを開いて100元紙幣をスキャンすると、遠くからフェニックスが紙幣上に飛んできて、蝶がツバキの周りを舞う様子が映し出された。

その後、すかしが変色し、点字が立体的になり、最初の2桁はダークレッド、そのあとは黒になり、オフセット・インキ印刷、フォトフェイシャルから数字への変化などの偽造防止の特徴が次々と現れた。紙幣の裏面の人民大会堂は3Dで映し出され、紙幣版の人民大会堂の側面と街灯を見ることができる。

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved