北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

秋の日に、北京の菊の花を見に行こう~

1539219147

秋がだんだん濃くなり、赤い葉や黄色の葉のほか、一番期待されるのは菊の花です。北京では昔から菊の花を育て、鑑賞する風習があります。秋の日に、北京で旅行すれば数人の友達と菊の花を鑑賞しましょう。天気が涼しく、一緒に散歩して、花を見ることは何と素晴らしいでしょう。今日、皆さんに北京の菊の花を鑑賞に行く名所をいくつか紹介します~

北海公園



「北海公園(中国語表記:北海公园)」は中国に現存する最も悠久の歴史を持ちながらもよく保存されている古典的な皇家園林の一つです。北海公園は菊の花を橋として、北方の北京・天津・河北などの地域の花や文化交流のためにプラットフォームを提供し、北京に来た人々にも皇家園林での菊の花を観賞する宴を楽しませます。同時に、北海公園では菊の花と関係の文化イベントもよく開催され、真に賑やかな名所です。

<INFO>

住所:北京市文津街1号(北京市文津街1号)

北京植物園

「北京植物園(中国語表記:北京植物园)」はとても行く価値がある場所であり、一年の四季に異なった花の景色があるから、特に九月と十月になると、菊の花も満開です。ここで花の海に浸り、勝手にポーズを作っても撮った写真が美しいです。『紅楼夢』で知られる作家の曹雪芹の故居もその中にあり、ついでにこのような偉い作家を偲ぶことができます。



ここから道に沿っていくと、有名な古いお寺である臥仏寺はそこにあります。一番奥のさくらんぼ溝に入ると、すべては大きく古い木で、天然の酵素バーのように、もし運が良ければ、観光地で時々水霧を噴き出し、木の歩道を歩いて、まるで仙境に入ったようです。

<INFO>

住所:北京市香山臥佛寺東路北京植物園(北京市香山卧佛寺东路北京植物园)

天壇公園



「天壇公園(中国語表記:天坛公园)」の菊の花が一番早い咲くことは、明朝に遡られます。菊の花は案頭菊、懸崖菊、芸菊盆景、造型表束等、500種類があります。今年、天壇公園は「秋菊の美しさが重陽日で競う」をテーマとしての菊の花の祭りも開催します。それと同時に、詩歌コンテスト、花弁画作りなど多彩なイベントを通じて、菊栽培の知識を普及し、中国の伝統文化を広げます。

<INFO>

住所:北京市天壇東路甲1号(北京市天坛东路甲1号)

北京世界花卉大観園

北京の「世界花大観園(中国語表記:世界花卉大观园)」は豊台区の南四環に位置します。大観園に入ると、百種類の花があり、いちいち目を通すことが出来ないと感じます。しかし、室内館での植物のほとんどが聞いたことがないから、大変勉強になりました。



大観園には日本ガーデンやオランダガーデン、オーストリア風情園等の国別のテーマガーデンもあります。今年の世界花卉大観園では「子供の夢パーティー」をテーマとし、アニメの造型を主体としている菊花展があるだけではなく、「菊の闘わせ、花車、美味しい料理」の三大特色ある活動もあり、人々が見たり、遊んだり、食べたりして豊な経験を楽しんでいます。

<INFO>

住所:北京市南四環中路235号(北京市南四环中路235号)

北京国際フラワーパーク



総面積約2平方キロメートルの「北京国際フラワーパーク(中国語表記:北京国际鲜花港)」には、花神広場、桜通り、花囲まれ湖、ラバー谷、梅園等のスポットが計画され、各交差点で七巧板のような指示板も設置され、目の前にふいと明るくなった感じがされます。公園内では数種類の新鮮な花が満開しています。秋になると菊の花の季節になりますので、公園内では菊の花祭りが行われ、面白いイベントもたくさんありますから、ぜひ遊びに行きましょう~

<INFO>

住所:北京市陽鎮赤寺村の北、白馬路の北側(北京市杨镇红寺村北、白马路北侧)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved