北京で異文化を体験しながらもおいしいエスニック料理が楽しめるグルメストリート「牛街」

1539134357

北京には「北京の軽食は宣武にあり、宣武の軽食は牛街にある」という言い方があります。もともと牛街はザクロ園で、昔この辺りの住宅区は「榴街」と呼ばれ、榴街に住んでいる住民の多くは中国の少数民族である「回族」で、彼らが作った牛肉が有名で非常に美味しく、さらに「牛」と「榴」の中国語発音が似ているため、「榴街」を「牛街」と名前を変えました。牛街は北の広安門内大街から始まり、南の横街まで延び、この街に牛街礼拜寺があるため、有名な観光スポットでもあります。



牛街は北京のイスラム教徒の居住団地で、牛街とその付近の胡同に清真と旧北京風味の軽食店やレストランがたくさんあり、特色のある軽食は「面茶(小麦粉で作った食べ物)」、豆汁、豆腐脳、豆腐団子スープ、「卤炸豆腐(揚げ豆腐)」、「雑碎湯(モツスープ)」、「漏魚(澱粉で作った食べ物)」、「糖耳朵(小麦粉で耳の形に揚げたもの)」などです。



牛街北口の「トルファンレストラン(中国語表記:吐鲁番餐厅)」は独特の建築スタイルと新疆風料理でとても有名です。牛街北口と垂直方向の輸入胡同には牛肉や羊肉を販売している小店がたくさんあり、ここの牛肉や羊肉は北京で最も上質なもので、多くの北京市民がわざわざ遠くから買いに来ているそうです。



また、北京っ子に大人気な聚宝源火鍋城、鴻順軒、年糕錢などの老舗は各地からの食客を引き寄せています。回族の三大の祭り、即ち開齋節、古爾邦節と聖紀節という時期に牛街に来ることを勧めます。回族の祭り風俗を体験し、清真軽食を味わい、牛街拜寺で見学し、このような体験とシーンは北京の他の観光地では感じられないものです。

<INFO>

住所:北京市西城区牛街

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved