北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京の秋冬、絶対に見逃せないスープたっぷりな小籠包五選

1541376336

小龍包、そのおいしい肉とジューシーでアツアツなお汁、いつまでも頭に残る後味がたまらない。まさしくこの寒い時期にぴったりなグルメでしょう。それでは、中国のさまざまの店から、違う風味が楽しめる北京で最高においしい小龍包をまとめてご紹介しましょう~

鼎泰豊

「鼎泰豊(中国語表記:鼎泰丰)」はミシュラン三ツ星の小籠包店、高品質はもちろんのこと。小龍包の制作は厳密に管理されています。18ヒダで4分蒸す。小籠包一つ一つが透き通って、たまらない味。



デザートは「玉脂冰清(杏仁豆腐)」がお薦め。甘すぎない濃厚な味わいの杏仁豆腐、口ごたえのある豆腐とほのかに甘いシャーベット、手がとまらない美味しさ。

<INFO>

住所:北京市建国門外大街1号国貿商城北区五階(北京建国门外大街1号国贸商城北区五层)

蘇帮袁

「蘇帮袁(中国語表記:苏帮袁)」というレストラン全体が白い壁と黒い瓦の蘇州風デザイン。中国風の照明と雅な幔幕で優しく味わいある雰囲気になります。



ここの「蟹みそ小籠包」を一口噛むと、ジューシーな汁が口の中に広がります。ストローを使ってスープを飲むのもよいのでしょう。梅の酸味がユニークな隠し味となっている糖醋小排が最高。艶のある色で食欲をそそります。

<INFO>

住所:北京市朝陽大悦城7階拾間テーマエリア(北京市朝阳大悦城7层拾间主题区)

孔乙己

「孔乙己」という店を紹介しましょう。小さな橋と流れる水で仕立てられ入り口は美しく、まるで中国の南の水郷である「紹興」にいるようです。たっぷりとスープが包まれたボリュームのある小籠包。満足できる一品だが、食べ過ぎると少し脂っこい。



『孔乙己』と言えば日本との縁が深い魯迅先生の小説でもあります。その中で登場する茴香豆にとても興味があります。実際に食べてみると、期待通りのおいしさでした。干し蚕豆とちがって、皮がより艶やかで滑らか、しっとりして柔らかい口当たり。口に入れた瞬間、微かなしょっぱさを感じるが、茴香のほのかな香りの甘味が口の中で広がり、噛めば噛むほど香ばしくなります。おつまみに最適な一品。

<INFO>

住所:北京市遠大路1号金源時代ショッピングセンター5階29号(北京市远大路1号金源时代购物中心5层29号)

松鶴楼

「松鶴楼(中国語表記:松鹤楼)」は北京にある本場の江蘇料理の店。上海の小籠包に比べ、江蘇の小籠包は甘さが控えめで、そんなに脂っこくない。小龍包は皮が薄く、ヒダがたくさんついており、職人たちの凄腕に感心するでしょう~



このお店の紫砂豚角煮もお薦め。キャセロールで煮詰められた豚角煮は赤みと脂が程よく絡み合い、こってりせず、さつま芋とのオリジナルなコンビネーション。甘く柔らかいさつま芋とジューシーな肉汁と絡み合い、もう最高!

<INFO>

住所:北京市三豊北里2号悠唐ショッピングセンター二期4階(北京市三丰北里2号悠唐购物中心二期4层)

石庫門老上海

「石庫門老上海(中国語表記:石库门老上海)」は上海のランドマークと言える建物の一つ。ここ北京にある「石庫門老上海」という店では本場の上海料理を味わうことができます。小さくて可愛らしい小籠包。肉とエビの旨みが口の中に広がり、千切り生姜とお酢につけて、一口で入り、何個も行けそうな気がします。



アレンジコーヒーのようなあんずミルクシャーベットはとてもきれいなデザイン。程よく煮詰められた柔らかいあんずはボリュームを増し、ちょうどよい甘さになっています。

<INFO>

住所:北京市三豊北里2号悠唐ショッピングセンター一期4階(北京市三丰北里2号悠唐购物中心一期4层)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved