北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

雪の中の故宮を歩いて、その重厚な歴史を感じよう!

1543278563

北京の故宮を観光すると、賑やかな観光客に囲まれ、天気が暑いと、歩くに疲れて息を切らして、歴史に興味があっても楽しむことはできません。もちろん春夏の北京も風景が変わり、見所がいっぱいですが、北京っ子がよく知っていますが、故宮をぶらつく最適の時期は冬、特に冬に雪が降る午後です。その時、人が少なくなり、故宮も普段の賑やかな感じから、多くの皇帝が暮らしていた宮殿の威厳と荘厳さを示す事ができます。



多くの北京をテーマとするテレビドラマでは、皇帝の到着の雰囲気を最も良く復元できる雪の中の故宮がよく選ばれています。したがって、北京で雪が降ると、広い皇宮広場に行って、中国の重厚な歴史を味わい、広大な宮殿の雰囲気を感じることができます。



もともと故宮の屋根は、明るい黄色の琉璃瓦が使われていますが、今は白い雪に覆われていますから、雪のような白い色になって、赤い柱、壁と組み合わせた様子は、夏の風景とはまったく異なります。地上の灰色の石製レンガも雪に覆われ、故宮全体は雪に白い世界と染められ、非常に美しいです。

<INFO>

住所:北京市東城区景山前街4号(北京市东城区景山前街4号)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved