北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

2019年『故宮カレンダー』が人気商品に

1543198129

ここ数年、故宮博物院は様々なノベルティグッズを発売し、抱き枕や腕時計などが人気商品となっている。『故宮カレンダー』も例外ではなく、最新版の2019年『故宮カレンダー』は最初の発行部数が70万部に達し、月の売り上げも期待できる。

最新版の『故宮カレンダー』は「猪」をテーマとし、故宮博物院の収蔵品の「福猪」と「富足」生活の文物を起用し、月ごとにテーマを設定。2019年は亥年であるためである。



カレンダーの素材選び

『故宮カレンダー』は故宮の収蔵品、伝統文化を紹介する読物。各ページの内容、文字、写真は入念に選ばれたもので、故宮の豊富な文物収蔵品、深い文化的内包で中国の伝統文化の精髄を伝えることが目的。

うち、故宮博物院の専門家・学者は各ページに使用する写真の選択、文字の作成に参加し、普通のカレンダーに歴史とアートの味わいを持たせた。2019年版『故宮カレンダー』は故宮博物院器物部専門家の馮賀軍氏、劉岳氏、韓倩氏、書画部専門家の李湜氏が文章を担当。



故宮博物院の単霽翔院長は、「故宮の特徴的な出版物として、『故宮カレンダー』シリーズはブランド効果を形成し、社会で好まれている。出版は文物と観衆の交流の架け橋であり、『故宮カレンダー』はそのようなキャリアとなり、故宮文化の普及と宣伝において重要な役割を果たしている」と話した。

また、「『故宮カレンダー』を通し、読者は毎日1点の故宮博物院の文物の写真を見ると同時に、その日の気持ちを記録し、現実生活で起きたことを書き記し、学びながらリラックスできる。読者の生活の跡を残す手助けをするという点が『故宮カレンダー』の実用的な機能」と紹介した。

「赤煉瓦」が故宮ノベルティグッズの代表商品に

『故宮カレンダー』初版は1930年代に北京で発行され、2009年に1937年版を土台とした復刻版が出版された。発売後すぐに人気商品になり、故宮ノベルティグッズの代表商品の1つになった。

『故宮カレンダー』はデザインが美しく、奥深い内容で、さらにカレンダーを包む布に故宮を象徴する赤煉瓦色を採用し、「赤煉瓦」というニックネームで親しまれている。

単霽翔院長によると、『故宮カレンダー』シリーズは出版して長年を経てブランド効果を持つ故宮の特徴的な文化クリエイティブ出版物になっている。そのほか、観衆の各ニーズに応じて通常版、カスタマイズ版、黄金収蔵版、中英対照版、及び故宮カレンダー、故宮手記、故宮手帳などの関連商品も発売した。

小さな『故宮カレンダー』は独特なレイアウトとオーラで注目を集めている。

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved