北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京の巧みな伝統工芸三選

1546847697


京玉器工芸

長い歴史を持ち地域色のある伝統工芸である北京玉器は早くも新石器時代にも「山頂洞人(原始人類)」に女性用の飾り物として用いられていた。その後だんだん工芸のわざが卓越しデザインが素晴らしい玉器芸術になってきたのである。その彫刻のわざと芸術的価値は中国古代の労働者たちの素敵な才能と芸術の創造力を十分表している。よく見られる玉器の素材には白玉、碧玉、赤い瑪瑙、水晶などがある。

曹氏の凧工芸

北京の伝統的民間凧芸術である曹氏凧は題材の範囲が広く、種類も多い。中には奥深い伝統文化と民俗精神が融合され、地味でありながらも上品な感じがする製品である。詩情あふれる口訣を持つ曹氏凧は伝統的民間文化と南北の凧製作技法の粋を融合させ、その独特なスタイルが出てきたのである。そここそ北京文化の特色が深く感じとられる。

北京の飾りちょうちん

飾り提灯の製作には、彩扎(中国伝統的民間工芸のシミュレーション芸術の一種類)、裱糊(紙張り)、編結(編み物をする)、刺繡、彫刻、切紙細工、書画という様々な技法が必要とされる。伝統的工芸の伝承でありながら、文化の蓄積が感じられる総合的造形技術でもある。また、ちょうちん芸術として主にレクリエーションの役割をして、民俗や民間の文化的娯楽パフォーマンスと融合されることは多い。宮灯(房飾りのついた灯籠)や走馬灯、立体的動物デザインの灯籠といった様々な種類がある。

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved