北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

みんなが「おいしい!」と太鼓判!北京にある河南料理店をご紹介!

1556498163

日本でよく食べる中華料理といったら、そのほとんどが上海や、山東省、広州地方のご当地料理でしょう。実は中国全土で親しみのある定番料理のほか、地方によってそれぞれ長けている料理もたくさんあります。

その中日本でもあまり食べるチャンスがない料理もあり、今回は中国の河南省を取り上げて、北京にある河南省の名物料理店をご紹介します。

店名:金獅麟地道豫菜

「金獅麟地道豫菜(中国語表記:金狮麟地道豫菜)」は北京にある河南料理の代表店であり、河南省産の食材を使い、現地の味を再現します。店の環境は清潔で外国人も入りやすく、大人数対応の個室もあり、メニューは写真付きで中国語が分からなくてもどんな料理がなんとなく分かるでしょう。



ここのおすすめは「獅麟三蒸」という料理で、人参の千切り・シユンギク・ジャガイモの千切りを蒸篭に入れて蒸し、その間に蒸し加減を見ながらも澱粉を何回も塗したり、調味料を加わったりして出来上がります。また鳥料理の「道口焼鶏」もおすすめで、中国特有な香辛料で焼きあがった鶏肉はとにかく香ばしくておいしい!



主食としてさまざまな麺料理のほか、「高炉焼餅」もおすすめで、ここでいう焼餅は日本でよく食べるのではなく、中華パンに肉を挟んだものを指します。ハンバーグを食べるように一口食べると、肉汁と中華パンがよく合い、歯ごたえたっぷりで濃厚な味がたまりません。

<INFO>

住所:北京内西五環杏石路100号


文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2019 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved