北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

全国唯一の氷雪教育基地が河北省張家口に設立

1543813601

「張家口市教育システム氷雪スポーツシステム完全網羅・第2回万人小中高生スポーツ体験活動」が27日、2022年冬季五輪が開催される河北省張家口市崇礼区翠雲山銀がスキー場でスタートした。始動セレモニーでは、全国小中高生研究実践教育基地のプレートが掲げられた。同基地は、全国で唯一の、氷雪スポーツ専門の研究実践教育基地となる。北京日報が伝えた。

張家口市は、2018年から2019年のウィンターシーズン中に、小中高生3万人を組織してスキー場やスケート場に赴き、冬季スポーツの魅力を存分に堪能させ、氷雪スポーツの面白さを体験させる計画という。同市はまた、始動セレモニーにおいて、第2陣冬季スポーツ専門学校の指定も行った。これにより、同市の冬季スポーツ専門学校は62校に増加し、オリンピック知識と氷雪スポーツの普及に対してモデル地域としての役割を果たしている。

計画によると、張家口市教育システムは、2022年までに、氷雪スポーツモデル県・区10ヶ所と氷雪スポーツ専門校を約80校建設し、義務教育段階における全市の冬季スポーツ知識普及率100%をめざし、全市で冬季スポーツに参加する学生の数を40万人以上にする計画だ。

人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved