北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

スープ入りの麺もお粥も、体を温めてくれる料理を食べよう

1547086440

真冬の最中に突入した北京、体を温めてくれる料理が必要でしょう。今回はスープ入りの麺やお粥鍋など、聞くだけで温かくなる料理をピックアップして紹介しましょう~

德流光、林家料理店

北京の東方新天地北側の胡同にある「德流光、林家料理店(中国語表記:德流光,林家菜馆)」はあまり目立たないお店ですが、中は結構広いです。王府井という観光スポットで、このお店に行けるなら、もう最高です。



「腊八蒜」と「肥肠(豚の大腸)」はなかなかの味です。「梨のスープ」と一緒に食べれば、こってり感を解消してくれます。食べた後はガムを忘れずに。ウマゴヤシと千切りジャガイモの炒め物は一見普通の料理ですが、食べれば食べるほど香ばしさが伝わるおいしい一品です。羊のもも肉も外はカリカリ、中はジューシーでとてもおいしいです。お店特製のソースに付ければ、やみつきになるほどのおいしさです!

<INFO>

住所:北京市王府井大街218-3号新天地ホテル一階(北京市王府井大街218-3号新天地宾馆一层)

丸亀製麺

「丸亀製麺(中国語表記:丸龟制面)」はセルフ式な注文な仕方をするお店。入店した後、自分でトレーを持って並んで注文します。注文したものは直接トレーに置く。おつまみは直接お箸でとる。驚くほど素晴らしい味とは言えないが、二、三人で手軽に食事するなら最適な場所。料理からインテリアまで、単純に麺を食べて友達と一休みするだけなのに、とてもリラックスできる店舗。



うどんは定番の一品。おかわりでき、つゆの味もなかなか。うどんもコシがあって、おいしい食感。ここの揚げ物には本当に大満足。タラフライ、唐揚げはどれも外がカリカリで中はジューシー、てんぷらもお手頃な値段で楽しめます。

<INFO>

住所:北京市朝陽区光華路9号世貿天階ショッピングセンター1号ビルB121号(北京市朝阳区光华路9号世贸天阶购物中心1号楼B121号)

南京大牌档



「南京大牌档」という店を紹介しましょう。「老牌陽春麺」、この麺もお薦めメニューで殿堂入り。赤いスープの陽春麺、つるっとしてコシのある麺がきれいに並び、麺一本一本に絡み合ったスープ。スープだけ飲んでも忘れられない味。小さな麺には人々の思い出がたくさん詰まっています。いわばおふくろの味、ふるさとの味、年月の味。さあ、麺を食べて、あの頃に戻りましょう!

<INFO>

住所:北京市東四環中路58号遠洋未来滙2階(北京市东四环中路58号远洋未来汇2层)

晋B•2008刀削麺

中国の山西省では麺料理が有名で、この「晋B•2008刀削麺(中国語表記:晋B•2008刀削面)」も山西の麺料理が看板メニューの店です。毎日お昼の時間になると、店の中はお客さんでいっぱいになります。ここでは肝心な麺料理が安いだけではなく、様々な野菜とお肉料理も手頃で楽しめます。それから、食べ終わったら麺を茹でたスープを頼んで飲む干すのは通の食べ方です。



風味抜群の「刀削麺」がおすすめ。手打ちの麺はとにかくこしが強く、食べると歯がその弾力が分かります。さらに濃厚なスープを絡み、麺の上にニンニクを添えたらさらにおいしさが倍増!麺料理が好きな方ならぜひ試してみてください。

<INFO>

住所:北京市美術館後街12号(北京市美术馆后街12号空达维尔医学底商)

珍滋味港式粥火鍋

北京市工人体育場近くにあるネットで有名な「珍滋味港式粥火鍋(中国語表記:珍滋味港式粥火锅)」という店を紹介しましょう。普段は来客が多いため、事前に予約することをおススメします。この混雑状況からみると、とてもおいしいことが分かります。



お粥ベースは一種類または二色鍋のように二種類頼むことができます。「瑶柱粥」は香港式火鍋でよく注文されるお粥ベースで、事前に海鮮を煮込んだのでしょうか、旨みがぎっしり濃縮されています。食べるときはまずスープを飲んでから野菜をしゃぶしゃぶします。海鮮の盛り合わせは伊勢海老、トリガイ、ミニミル貝、ヘナタリガイなど様々な種類があり、とても新鮮でしゃぶしゃぶした後、特製のタレにつけて食べるととてもおいしいです。

<INFO>

住所:北京市工人体育場東路丙2号中国紅街3番ビル2階(北京市工人体育场东路丙2号中国红街3号楼2层)

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2019 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved