北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

故宮での年越しが可能に、宮廷風の年越しを最大限に再現

1546822685

故宮博物館が清代の宮廷風の年越し風景を最大限に再現するのは2019年が初めてとなり、人々は故宮で年越しを味わえる。故宮博物院の単霽翔院長は、今回の展示において、来場者は日常的な暮らしの中でおなじみのシーンやグッズのほかに、新しい体験もできるだろうと紹介している。



現在、乾清宮前の階段にはすでにサイズの大きい宮灯(ランタン)が立てられている。故宮博物院が約200年間使用されていなかった「天灯」と「万寿灯」を修復するのは初めてだ。研究スタッフらは歴史文献から「天灯」と「万寿灯」の使用方法や歴史的沿革、各部品の詳しいサイズを調べた上で、各倉庫からその模型とそれを掲げる竿の現物を見つけ出して修復を行い、康熙帝と乾隆帝の最盛期の年越し風景の再現に成功した。

また、旧暦の小正月にあたる1月28日から旧暦の1月8日にあたる2月12日にかけて、慈寧宮花園と慈寧門前の広場で、北京市や天津市、上海市、山東省、江蘇省、浙江省、河南省、安徽省、吉林省及び山西省から中華老舗企業計145社の特色グルメや衣装、日用品、文房具、アクセサリーや玉器、文化クリエイティブ製品、無形文化財工芸品などを展示する。

そのほか、年越し前の人々の消費に対するニーズを満たすために、年越し関連文化クリエイティブ製品をおよそ100種類開発し、福録寿シリーズや門神シリーズ、歳朝(旧暦元旦)シリーズ、子供遊びシリーズ、氷上スポーツシリーズ、賞梅迎春シリーズ、喜福連綿シリーズ、金瓯永固シリーズといったシリーズを立ち上げ、賀春ギフトボックスやしおり、帽子、シルクのスカーフ、茶器、クッション、アロマキャンドル、スマホアクセサリーなどの商品を取りそろえている。

年越しムードを盛り上げるため、今回の展示では、「祈福迎祥」と「祭祖行孝」、「敦親睦族」、「勤政親賢」、「游芸行楽」、「歓天喜地」の6つのテーマ毎の展示を行っている。

春節(旧正月、今年は2月5日)期間中、中国では自宅の扉に「福」の字を張る習慣がある。これは皇室も例外ではない。まもなく開催される今回の展示では、清朝の康熙、雍正、乾隆、嘉慶、道光の5人の皇帝が書いた「福」の文字が展示される。また、「敦親睦族」展示エリアでは、元旦に皇帝が親族や妃と宴を祝う光景が展示される。宴会用テーブルは乾隆四十八年(1783年)の歴史文献の記録に基づき、テーブルセッティングが行われており、100点以上の文化財が使用されているという。そのほか、18種類の楽器からなる歴史上最高レベルの皇室楽団の「中和韶楽」も人々に公開される。

単霽翔院長によると、これまでの春節は「春晩(春節を祝う中国の国民的年越し番組)」や縁日に行くのが最も人気がある年越しイベントだったが、ここ数年「博物館で年越しする」というのはすでに新しい常態となっており、より多くの若者が色濃い文化的雰囲気の中で年越しをしたいというニーズが高まっている。こうしたニーズを受けて、博物館も心をこめて多種多様な文化イベントを開催することで人々を惹きつけようとしている。

今回の展示は3ヶ月にわたり、2019年1月6日から4月7日にかけて開催される予定。

人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved