北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

亥年の春節消費事情、小売・飲食企業の売上が1兆元を突破

1549931631

亥年の春節(旧正月)の長期連休が終了したばかりだが、その消費には多くの見どころがあった。中国商務部が10日に発表したデータによると、連休中の全国の小売・飲食企業の売上は1兆元を突破した。オンライン消費、オーダーメイド型消費、体験型消費、スマートな消費といった新しい消費の見どころがあった。

商務部のモニタリングによると、旧暦の大晦日から1月6日(2月4-10日)の全国の小売・飲食企業の売上は約1兆50億元で、前年同期比8.5%増となった。

商品の消費はより質重視を強めた。商務部のモニタリングによると、伝統的な年越し用品、グリーン食品、スマート家電、新型デジタル製品、地方特産品などの販売が、連休中に高い伸び率を維持した。安徽省、雲南省の重点モニタリング企業の家電の売上は約15%増加した。河北省保定市の重点モニタリング企業のグリーン有機食品の売上は前年比40%増、湖北省潜江市は18.6%増となった。ショッピング、外食、娯楽などの機能を一体化させたショッピングセンター、アウトレットモールなどの新しい業態が、消費者から注目を集めた。各大手ネット通販サイトは連休を返上し、消費者に連休中も便利でスムーズなネット通販サービスを提供した。あるサイトは連休中の売上が前年同期比で約40%増加した。

外食は新年のムードがあふれるものとなった。年越し料理、一家そろっての食事、親戚友人との宴会が春節外食市場の主役になった。大衆的で特色あふれるサービスが注目を集めた。商務部のモニタリングによると、各地の外食企業には年越し料理の予約が殺到した。江蘇省揚州市の重点外食企業の年越し料理予約数は4000卓以上に達し、4万人弱が大晦日に外食を楽しんだ。春節連休中、北京市の重点モニタリング外食企業の売上は、前年同期比で10%以上も増加した。多くの外食企業とウェブサイトは、完成品・半製品の年越し料理のデリバリー、調理師の自宅派遣などのサービスを提供した。フードデリバリーサイトの年越し料理の予約数は前年同期比107%増となった。

体験型消費がさらに注目された。レジャー・観光、映画鑑賞、展示会見学、民俗活動などの体験型消費が人気を集めた。連休中の1-6日目、三亜市の8大観光スポットの観光客数は延べ80万人を超えた。内蒙古自治区の観光客数は前年同期比14.6%増の476万2000人。全国映画興行収入は50億元以上で、多くの国産映画が好評を博した。故宮博物院は「紫禁城で年越し」イベントを開催し、連休中の観光客数が延べ50万人弱に達した。北京市の地壇及び竜潭の2大廟会の観光客数は1日平均延べ28万人で、上海市豫園の新春民俗芸術灯会の観光客数は1日平均延べ20万人以上に達した。

商務部のモニタリングデータによると、連休中の生活必需品市場は安定的に運行した。大中36都市の米及び小麦粉価格は連休前の1週間と比べ横ばいで、野菜価格がやや高騰した。野菜30種の平均卸売価格は連休前より4.4%上昇した。

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2019 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved