北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京国際園芸博、省エネでファッショナブルな国際パビリオン

1564387831

北京市郊外の延慶区で開催中の2019北京国際園芸博覧会。夏休みに入って、国内外から大勢の来場者を迎えています。そんな中、園内の国際パビリオンは人気スポットの一つです。




国際パビリオンは敷地面積1万2770平方メートルあり、サンクンガーデン、エントランスホール、国・地域・国際組織展示エリア、室内花卉の国際コンテスト展示エリアの4つのエリアがあります。





国際パビリオンの外観は94本の「花の傘」で構成され、上空から見ると花の海のように見えます。このパビリオンはファッショナブルな外観だけではなく、省エネ技術が導入された「エコビル」でもあります。ガラス製のカーテンウォールや屋根の天窓デザインは風通しと採光を確保しています。雨が降ったときには、「花の傘」の柱が雨水を集めて貯水池へ流し込み、緑化、路面管理などに用いて、雨水をリサイクル活用します。また、「花の傘」の上部には最新の太陽光発電を設けて発電効率を高め、建物内の照明に当てています。国際パビリオンは中国のエコ理念を十分に表わしている建物といえます。(取材:李陽)

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2019 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved