北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京の路線バスにADAS搭載、システムが速度超過などを警告

1573189845

北京市で路線バスを運営する北京公交集団によると、北京の路線バス1050台に、先進運転支援システム(ADAS)が既に搭載されており、運転手が危険な運転をしている場合、システムが警告を発する。 北京青年報が報じた。

搭載されているADASと運転手の運転ビッグデータ解析システムは、歩行者や高速・低速走行車両などを検知して警告を発するほか、バーチャルバンパー機能による追突防止警告、車線逸脱警告、前方車間距離警告を発する。同システムが搭載されているのは主に高速道路を走行する路線だ。市内を走る路線と比べると、高速道路を走行する路線の運転手は速度超過や頻繁な車線変更が多い。約2年かけて実施されたモニタリングでは、同システムを搭載すると、路線バスの事故発生率が明らかに低下し、運転手も安全運転を一層心がけるようになることが分かっている。

人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2019 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved