北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

創建600年を迎える故宮が2020年に一連の特別展開催へ

1578377341

2020年、紫禁城(故宮)は創建600年、故宮博物院は創設95周年を迎える。では、数多くのファンを抱える故宮博物院は来年、どんなイベントを開催する計画なのだろうか?中国新聞網が報じた。

19年12月30日、故宮博物院は、故宮創建600年、故宮博物院創設95周年を記念する主なイベントを発表した。

故宮博物院は20年に、貴重な文化財を紹介する一連の展覧会を開催する計画で、そのテーマは古代建築や書画、古代器物、中国と外国の文明などとなっている。



うち、「紫禁城創建600周年展」は、600年間のうち重要なポイントとなる約20の年に的を絞り、その年に行われた故宮の重要な修繕や改造、保護などを紹介することを通じて、600年間の紫禁城内の変化を描き出す。

「往昔世相——故宮博物院が所蔵する古代の人物画展」は、故宮博物院が所蔵している傑作人物画をピックアップして、東晋から南北朝、明、清の時代までの発展の流れを描き出す。報道によると、名画「韓熙載夜宴図」も同展覧会で展示される予定となっている。

「千古風流人物——蘇軾(そしょく)の書画特別展」では、中国北宋代の詩人・書家・画家である蘇軾(蘇東坡)の芸術的技量やその人格、後世に与えた影響などが紹介される。

故宮内にある武英殿では「陶磁器館」が再び一般公開され、中国の陶磁器の発展史をテーマに、8000年もの間途切れることなく続いてきた陶磁器の発展の歴史を紹介する。再公開後、「陶磁器館」で陳列される文化財は以前の400点から1000点に増える。

その他、「中国・ヴェルサイユ展」も来年開催される計画だ。同展覧会では14年にヴェルサイユ宮殿で開催された大型特別展「ヴェルサイユ宮殿の中の中国/18世紀のアートと外交」をベースに、故宮博物院が所蔵しているフランスの宮廷や宣教師、使節が携えてきた貴重な文化財などを加えて、18世紀に盛り上がりを見せた中国とフランスの文化とアートをより多彩かつ網羅的に紹介する。

また、一連の特別展のほか、ドラマ「故宮如夢」も製作される計画となっている。

人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved