北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京の文化・観光業界、各種措置で感染症と戦う

1581670501

北京市文化・観光局は連日、文化・観光業界の感染対策を指導する各種活動・措置を打ち出している。

人の密集による交差感染のリスクを下げるため、北京は全国に先駆け1月23日から現在まで、17の廟会を含む4300以上の春節連休文化活動、予定されていた5392回の営業目的公演、10の大型スポーツ大会を取り消した。北京市の372の市区文化館、図書館、街道郷鎮総合文化センター、及び6457のコミュニティ文化室、183の博物館を閉鎖した。北京市の娯楽の場、インターネット経営の場、映画館の営業を一時停止した。閉鎖型管理の181カ所の観光スポットを閉鎖した。

現在のオフライン文化活動及びサービスの不足を補い、市民の精神文化の需要を満たすため、北京京劇院、北京交響楽団、北方昆曲劇院、中国雑技団、中国評劇院などの北京市所属文芸院・団がリモート訓練・創作を行い、新作を次々と発表し、かつネット上に定番文芸公演動画をアップしている。また首都図書館、北京文化芸術活動センターは全市の図書館及び文化館の資源を集め、各種形式のオンライン公共文化サービスを提供している。

ウイルス感染ルートを効果的に遮断し、感染拡大の流れを断固阻止するため、北京の旅行会社及びオンライン旅行会社は1月24日より、団体旅行及び「航空券+ホテル」観光商品の取扱を一時停止している。1万3525組・計24万2000人の団体旅行を取り消した。旅行会社が観光客の日程調整及び団体旅行キャンセルによる返金などの合理的な要請を適切に処理するよう指導している。

春節後のUターン、企業Uターン人員の在宅隔離の需要を結びつけ、首旅集団は傘下の如家酒店集団を通じ、ホテル在宅隔離室試行プランを打ち出した。第1陣の試行ホテルには、北京、上海、広州、天津、順徳、江門、中山などの60軒が含まれる。

感染症の文化・観光業界への影響に対応し、企業の難題解消を促し、企業の難関突破を支援するため、北京は旅行会社に一部の観光サービス品質保証金の一時返金を開始している。情報によると、2020年2月5日まで北京で法に基づき観光サービス品質保証金を支払い、旅行会社業務経営許可証の発給を受け、かつ経営が規範的な旅行会社については、支払い金額(旅行会社観光サービス品質保証金専用口座残高)の80%を一時返金する。

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved