北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

中国、新型コロナ治療の経験を早急に国際社会と共有

1590046970

国務院聯防聯控機制(新型コロナウイルス対策の共同防疫メカニズム)は19日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた国際協力活動の状況について説明を行い、記者からの質問に答えた。

中国疾病予防コントロールセンターの呉尊友・首席専門家は「われわれは『早期、迅速、透明』という原則に基づき、世界保健機関(WHO)や他の国々と新型コロナに関する情報を共有してきた」と強調。その上で、次のように述べた。

「中国は、感染拡大の原因となった病原体が何であるかまだ明らかでなかった1月3日の時点で、WHOや関係各国に原因不明の肺炎が発生したことを通知した。1月7日には中国の専門家が、新型コロナウイルスが原因不明の肺炎の正体であることを突き止め、直ちにWHOや関係各国に通知した。中国は新型コロナウイルスのゲノム配列を解析した後、直ちに全てのゲノム配列情報をWHOのグローバル共有データプラットフォームにアップロードし、各国がこのゲノム配列に基づいて診断試薬を早急に生産できるようにした」

中国とWHOは全面的に協力し合っている。中国は感染拡大の状況と予防治療の進展状況について、早急にWHOに通知してきた。中国国家衛生健康委員会とWHO駐中国代表処は定期的に連絡を取り合う体制を構築し、中国の専門家は定期的にWHOの新型コロナに関する技術交流に参加している。

中国は新型コロナ治療の経験を早急に国際社会と共有してきた。北京大学第一医院感染疾病科の王貴強主任は2月20日から5月11日までの間に計16回、ビデオ会議に参加し、中国の新型コロナ防止対策や診断、治療に関する経験を紹介してきた。また、中国は19カ国に21の医療チームを派遣し、現地での感染拡大防止を支援してきた」

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年5月20日

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved