北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

コロナで世界の産業チェーンに混乱、中国はいかに対応するか?

1590047733

国連は先ほど発表した報告書の中で、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年の世界のGDPは3.2%減少し、国際貿易は15%弱の減少になると予想した。感染症の蔓延により世界のサプライチェーンが断裂の危機に直面しており、産業チェーンが乱れている。世界の産業チェーン・サプライチェーンの混乱を受け、中国はいかに対応すべきか。中国国際経済交流センター第128期経済月間座談会に出席した専門家が、これについて検討した。

中国物流・調達連合会会長の蔡進副氏は「世界の産業チェーンとサプライチェーンは全体的に見て秩序を失っている。感染症の影響を受け、需給の両端が疲弊している。世界の多くの産業のサプライチェーン・産業チェーンが依然として断裂の状態だ。水運や空運などの物流の中断も非常に深刻だ」と述べた。

北京新世紀グローバル企業研究所所長、中国国際貿易促進委員会全国企業コンプライアンス委員会副主席の王志楽氏は、「感染症の衝撃を受け、世界の産業チェーンが再構築の未来に直面している。世界の産業チェーン・サプライチェーンは効率と効果の原則に基づき構築されたものだが、今や多くの先進国が産業チェーンの安全性をより高い場所に据えている」と話した。

中国国際経済交流センター首席研究員の張燕生氏は、世界の産業チェーン・サプライチェーンは次の新たな特徴を示し始めていると述べた。(1)安全面に基づく産業チェーン・サプライチェーンの展開をより重視する国が増えている。(2)政府の産業チェーン・サプライチェーンへの干渉が大きく強まっている。(3)国際産業チェーンの分業モデルが調整を迎えている。(4)企業の産業チェーン・サプライチェーンがより小範囲になり、柔軟性を増しており、産業チェーンが長すぎることによるリスクを回避している。(5)地域協定が産業配置により顕著な影響を及ぼす。

中国国際経済交流センター常務副理事長の張暁強氏は「今回の感染症は中国の産業チェーンにおける脆弱な部分を浮かび上がらせた。当面の急務は、より自主的かつ制御可能な、安全で信頼できる産業チェーンを構築し、産業チェーンの代替を探す意識を強化することだ。高速鉄道、電力設備、通信設備など国際的に比較優位性を持つ産業チェーンについては、引き続き競争力と質を高め、有利な地位をキープする。最近の電子商取引、リモート医療、リモートワークなどの新技術・新業態・新モデルは力強い生命力を示している。情報技術と実体経済の深い融合を模索し、新たな競争の優位性を形成しなければならない」と述べた。

張燕生氏は「衝撃について、中国は揺るぎなき姿勢で自国の事に取り組むべきだ。中国は需要側から着手し、力強い国内市場を促進し、中小企業を支援し、内部循環型の体制を構築するべきだ。消費と投資を拡大し、海外からの受注不足などに対応する。産業チェーンを安定させ、サプライチェーンを円滑にし、バリューチェーンを高める。全面的な協力の革新チェーンを構築する」と提案した。

王志楽氏は「先進国が地政学的利益及び共同の価値観を重視するなか、さらにコンプライアンスの角度から中国企業への監督管理を強化する。コロナ後の国際的な産業チェーンの変化を見据え、中国は企業のコンプライアンスを積極的に提唱・推進することで、国際的な産業チェーンの再構築に対応するべきだ」と指摘した。

蔡進氏は「現在の産業チェーンの地域化・本土化は段階的なものであり、グローバル化の流れは依然として不可逆的だ。今後は共に協議し、共に建設し共有するグローバル化をさらに積極的に提唱し、人類運命共同体の構築の中身をその中に溶け込ませるべきだ」と述べた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2020年5月21日

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved