北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

「混雑」を避けられるニッチな長城観光スポット

1601347137

 万里の長城は世界的に有名な世界遺産として、年間を通して多くの観光客が国内外からやってくるので、特に大型連休の間に人気の長城には人が集中し、常にごった返している。しかし、世界遺産に登録された長城はやはり多くの観光客にっとて放棄できない場所だといえる。国慶節の連休の間、ちょうど黄金の季節である。混雑ではない長城観光スポットで秋の絶景と長城の雄大さを満喫しよう!

慕田峪長城

 慕田峪長城は八達嶺に次ぐ著名な見学地だが、慕田峪長城に訪れてきたのはほぼ外国人観光客なので人が少なく、まさに「穴場」スポットといえる。そのため、ゆったりとした気持ちで万里の長城を堪能できる。

 慕田峪長城は555年、北斉時代に建設され、明時代に改修して完成した。長さは約2250メートルで、明時代には重要な関所としての役割を果たしていた。外壁と内壁のどちらにも戦闘に使用した射撃孔が作られているのがその特徴である。

 長城の保存状態がよく、圧倒的なスケールの大きさと、千年以上積み重ねてきた歴史の重さを感じられて、忘れられない光景になること間違いなし!西に向けて、慕字四台(すなわち正関台)から慕字十九台まで、起伏は大きくなく、比較的緩やかで体力のないお子様や女性の方におすすめ。東側は少し起伏があるが、絶景を楽しめる。

 慕田峪長城は山間部に位置しているので、四季折々で全く違う表情を見せてくれるのも魅力のひとつといえる。天高く馬肥ゆる秋の季節に、赤になった山々を切り裂くようにどこまでも続く長城で、あまり人が映り込まない写真が撮れたいなら、ぜひ慕田峪長城に来てください!

住所:北京市懐柔区渤海鎮

電話:010-61626022

黄花城水長城

 「黄花城水長城」は長城と湖が一体となっていて、真夏になると、黄花城は至るところに黄色い花が咲き乱れるため、この名前が付けられた。北京市内から65キロ離れた懐柔区九渡河鎮にあり、車で1時間半ほどである。雄大な八達嶺長城と違い、湖に映る黄花城水長城は、やわらかさを感じさせる。

 ダムが流れをせき止めるため、低い場所にある長城部分が水の中に入ったとのことだ。3ヵ所で水に沈むようにたたずむ長城は中国国内では見ることの出来ない光景である。

 ここには三つの見どころがある。一つは山の尾根を旋回している万里の長城で、長城は灝明湖を囲んでおり、とても壮大である。もう一つは湖が長城を寸断しており、水が長城を沈没させていて非常に珍しい。三つ目は明代から残る栗園である。この栗園の大樹の根は絡まりあって、とても珍しい。

 観光客いなくて静かで広々だし、周りの公園も素敵。黄花城は2016年に整備され、人が少なくて、思う存分万里の長城を堪能できる。

住所:北京市懐柔区九渡河鎮

電話:010-61651818

水関長城

 水関長城は「八達嶺長城」の一部が分かれたもので、明代の有名な将軍・戚継光にゆかりのある長城である。水関長城は明の長城の遺跡であり、倭寇を抵抗する名将の戚継光より監督して建てて、今まで4百あまりの歴史を持っている。

 北京市西北の40キロメートルに位置し、八達嶺長城の東端であるが、中国初めの自主設計した京張鉄路の敷設に従って切断された。全長が6.8キロメートル、珍しくて、危なさで、険しくて、頑丈で有名である。

 この長城は険谷の入口に建てられ、水関の城壁に設けたやぐらからなる長城はV字型となり、山の地勢に沿って行き、巨大な竜や鳥が羽ばたいて飛びたいようだ。城壁の上に設けたやぐらは敵楼兼ね水門の効果を備えるもので、この建て方は長城沿線でめったになくて、ここの城壁を水関長城と呼ぶ。

 水関長城の周りには72のスポットが明珠のように長城の周りで散らして、 観光客に豊富な観光資源を提供する。春は野の花が咲き乱れ、夏は草木が茂って、秋は山に溢れる紅葉、 冬は雪に横たわる長城の姿。

 バスケットボールのスーパースターのジョーダン、F1選手モントーヤが水関長城を見学したこともある。また、香港芸能界のスーパースター劉徳華が歌う『中国人』の背景は水関長城である。 水関長城は1995年に正式に対外開放されてから、観光客を1000万余り人を受け付けたが、トップオプションに比べて訪れてきた観光客がそれほど多くではないので、人山を避けられるいい観光場所といえる。

住所:北京市延慶区八達嶺石仏寺村

電話:010-81181505

九眼楼長城

 2020年9月12日に、北京市延慶区にある九眼楼長城が一般公開を再開した。約3年間にわたる文化財補修とインフラ整備によって、九眼楼長城は歴史の雰囲気を残したまま改修されるとともに、新たな観光地として新たにオープンした。

 北京の延慶区四海鎮にある火焰山の主峰、標高1141メートルに位置する九眼楼は、万里の長城の中でも最大規模、最高規格の望楼で、古代は軍事戦略要塞だった。

 「九眼楼長城」は正方形で二層になっており、周辺を九つの展望できる狭間があいているがために「九眼楼」という名前で呼ばれている。

 地理的な条件だけでも険要であり、宣(宣の府、今の宣化)、薊州(今の北京)、昌(昌平)の3つの軍事重鎮の接点であり、内外万里の長城の交差点である。ここほど重要な万里の長城はほかにないでしょう。

 また、九眼楼にはいまに残る石碑が24個所あり、その内容は大部分がその雄姿を賛美し、作者の壮烈な心境を表す作品ばかりだ。 周りはどこまでも続く起伏に富んだ山々に、抱き込むように谷があります。緑の木々は色彩が濃く、巨波がにだんだんに前線から湧いてくるようだ。遠望は美しく、煙のようでもあり、霧のようでもある。東南にある藍色のものは雁西湖ダムで。南西方面を眺めると北京市内が見える。連休の間に九眼楼長城に置くと、爽やかな秋の広がっている雄大な景色が見えるでしょう!

住所:北京市延慶区四海鎮郭石路

電話:010-60187019

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved