北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

天津市で新たに新型コロナウイルスの国内症例患者4人を確認

1605872980

 天津市疾病予防管理センターは、11月20日午前2時5分に、すでにPCR検査の陽性が報告されていた天津市東疆港区瞰海軒小区(居住コミュニティ)の住民4人全員が新型コロナウイルスの国内症例と診断されたことを明らかにした。これを受け、2020年11月20日午前2時から、天津東疆港区瞰海軒小区は高リスクエリアに指定された。天津市のその他地区のリスクレベルに変更はない。

 11月19日0時から24時にかけて、31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は17人で、いずれも輸入症例(福建省6人、上海市4人、陝西省3人、広東省2人、北京市1人、四川省1人)だった。新たな死者は0人、新たに感染が疑われた人は1人で、国内症例(天津市)だった。

 11月19日24時の時点で、31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団で確認されている治療中の新型コロナウイルス感染者は311人(うち重症1人)で、治癒・退院した人は累計8万1453人、死者は累計4634人、感染者は累計8万6398人、現在感染が疑われている人は1人だった。追跡調査を受けた濃厚接触者は累計87万5061人、現在も医学的観察を受けている濃厚接触者は1万2412人となっている。(編集TG)


人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved