北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京百貨ビルの地下の世界:胡同に関する思い出いっぱい

1608874200

 北京百貨ビルの地下には北京の胡同に関する思い出いっぱいの和平果局展示エリアがある。ここに足を踏み入れれば、まるで前世紀の六十年代や七十年代に身を置くような感じだ。

 北京百貨ビル(中国語表記:北京市百货大楼)は中華人民共和国の建国後、北京に建てられた最初の大型百貨店で、「新中国の初の店」として知られている。百貨ビルは王府井大街に位置し、主に日常用品を扱っている。店内の商品は1997年の年末までは既に498万種に達した。店は1955年9月に開業し、もともと北京市百貨公司王府井百貨店と名付けられた。1968年7月に現在の名前に変更された。

 北京百貨ビルの建築面積は3万9000平方メートルで、営業面積は1万8000平方メートルを占めている。1970年に、付属の事業用ビルと倉庫用ビルが増設された。1989年に、おもちゃと娯楽商品を扱うショーピングセンターが増設されたことによって、百科ビルは中国二級企業に昇進した。1991年に、北京百貨店ビルグループが設立した。1994年に北京王府井百貨(集団)株式有限公司として上海証券取引所に上場した。

住所:北京市東城区王府井大街255号

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved