北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

長城の下に雪を楽しみ、北京市内で春節を迎える

1612327462

  [北京観光網報道]世界的に有名な司馬台長城は「危険、緊密、多様化、巧み、手つかず」という五つの特徴によって一貫して海内外の観光客を引きつけており、2010年以来、古北水鎮(司馬台長城)国際観光リゾートの建設によってより活況を呈するようになった。万里の長城の文化には現代の考え方による発展だけでなく、ブランド構築を通して実現される新たな発信も必要である。北京の冬の人気がある観光スポットとして、古北水鎮は司馬台長城文化の体験空間を積極的に開拓し、体験できる長城文化の特性を豊かにし、長城文化レジャーリゾートの生活様式を実現する。

 2021年2月4日~2月26日、古北水鎮では「長城の下に正月を迎える」というイベントが大喜びに登場し、濃い正月の雰囲気で冬を暖める。万里の長城の文化を拠点に、伝統文化を中心にしている古北水鎮の代表的な文化ブランドであるこのイベントは長年連続で行われている。飲食文化、民俗文化、レジャー文化、氷雪文化などの内容を積極的に開発することを通して、万里の長城文化の体験の種類を豊かにし、観光客により全面的な角度から万里の長城文化を感知させ、市場で大変評判がよい。

伝統文化の源をさかのぼり、北京の民俗を体験する

 春節の悠久な歴史の中で、「正月用品を買い込む」はいつも最も重要な部分の一つである。観光地区内の通り沿いの商店、広場の屋台、そして担い商いには各種の特色のある正月用品が集められている。藤製の器物、衣服と帽子、靴、髪飾り…素晴らしものが数多くあり、応接に暇がない。

 最も素晴らしいのは、年画、凧、切り紙、影絵、灯籠などである。簡単な描き方なのに、またたくの間に、生き生きとしたイメージが目の前に現れる。濃厚な春節の雰囲気の中で観光客も自ら古典の手芸を体験し、本当に北京の民俗に溶け込むことができる。

 古北水鎮の「長城の下に正月を迎える」は、万里の長城に関する歴史文化と民俗を発掘し、昔の北京文化を中心に田舎の小さな町の生活を豊かにし、再現する。また、伝統文化、無形文化、氷雪文化、祭り文化などのさまざまな文化を融合させ、辺境文化と昔の伝統的な北京正月の風俗が融合した独特な気質を持っている。

長城の下に氷雪を楽しみ、北京冬季五輪を歓迎する

 北京オリンピックが近づくにつれ、人々の氷雪スポーツに対する情熱が日増しに高まっているので、ますます多くの人々は参加し、氷雪の趣きを感じるようになった。鴛鴦湖ダムを有している古北水鎮は、自然に恵まれており、玉帯のような湯河を基礎にし、豪華な氷雪のカーニバルを作り上げられた。

 現地の原材料による精巧な氷彫刻は寒い冬の独特な装飾になっている。観光客はスケート、カーリング、氷上竜舟、氷上ゴーカートなど十数種類の氷雪体験によって記憶の北方の子供時代に帰ることができる。雪上タンク、氷上ローラーなどの趣きによって圧力が解消される。

 現代の記号を伝統文化に取り入れていくことは、「長城の下に正月を迎える」の有益な試みである。古北水鎮では、「三億人規模の氷雪イベントを実現する」はスローガンだけでない。大金を出して作られた巨大な氷雪体験レクリエーションは人々と氷雪運動の距離を縮めた。厳しい練習や制限にもかまわず、参加するだけで、実際に氷雪の魅力を体験できる。

幸福を祈って新春を迎え、一家団欒で春節を迎える

 春節は昔から人々にとって重要な意味がある。家族団欒のお祝いはもちろん、厳冬の年末には、花咲くうららかな春がくるようと願っている。ここから春聯を張る、寝ずに年越しをする、福の神を迎えるなど、多くの儀式が生まれた。だが、どのような形式でも人々の生活に対する美しい願いが込められている。

 古北水鎮「長城の下に正月を迎える」は伝統文化を積極的に発揚すると同時に、絶えず革新に取り込み、より良い伝え方を求めている。福の神を拝む、長城で幸福を祈る、灯明謎を当てるなど古来受け継いだ風俗もあれば、現代科学技術の古典文化に溶け込んでいる無人機孔明灯ショーと万里の長城の音楽ショーもある。さまざまな形式は正月の雰囲気が濃くなり、意義もいっそう深くなっている。

 ここでは群発のメッセージの代わりに、「福」の字を手で書いたり、万里の長城に願いの書きつけられた札を付けたりして、一緒に灯のともしびの中でカウントダウンしながら、来る年の無事と健康を祈る。

感染の予防と抑制が緩まなく、安心に春節を過ごす

 今年の春節は感染予防と抑制の重要な節目である。現在変化している感染拡大の状況を前に、古北水鎮は感染防止の安全を保障した上に、正月に帰省できない観光客に快適な北京での住所を提供する。

 古北水鎮は常に感染防止の常態化を堅持し、観光客のオフピーク観光を提唱し、個人保護をしっかり行い、実名制オンラインでチケットの予約、自動発券などの非接触の方式を実行している。また、厳しく日閲覧人数を制限する同時に、室内外の観光場所、トイレなどの公共区域に対して、毎日頻繁に掃除と検査を行っている。客室を毎日定時に紫外線でウイルスを駆除し、レストランで取り箸や取りスプーンを提唱し、すべての食品に対して源をさかのぼることができる。また、祝日の到来に際しては、観光客の人数を事前にしっかり制限し、効果的な案内を行い、流れをコントロールするなど、衛生、安全、秩序ある遊び環境を作り、観光客の生命安全を保障するために、各予防措置を着実に実行することを保障しなければならない。

 古北水鎮は万里の長城文化の精髄を受け継ぎ、昔の北京の伝統文化を結び付けて豊かに開拓し、独自の特色を持つ文旅小鎮である。2021年2月4日から2月26日までは、緊急事態がないと北京から出かけないでください。万里の長城に来て、春節を過ごし、氷雪を楽しみ、美味しいものを食べ、ゆっくりと泉でリラックスし、古典の魅力を感じ、記憶の中国春節に帰ろう。【林楚璇(実習) 訳】


北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved