北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

花の香が漂う北京を歩く旅:梨の花篇

1615440015

 梨花淡白柳深青,柳絮飛時花満城。 (梨花は淡白にして柳は深青なり、柳絮の飛ぶ時、花は城に満つ。) ——《東欄梨花》【北宋】蘇軾

 梨の花は氷のように無垢です。千年もの間、梨の花は繰り返して歴代の文人墨客に賛美されてきした。梨花の花言葉は「純真な愛」です。上品で質素な梨花は、生気あふれる春にぼんやりした美しさを加えています。水のほとりで、梨の花の木の下で、恋人たちは寄り添って幸せな時間を送っています。さて、北京ではどこの梨の花が最もきれいでしょうか。故宮承乾宮、智化寺、大興梨園、平谷梨花大道をお勧めいたします。

 見頃:毎年4月―5月

 オススメの花見名所:故宮承乾宮、智化寺、大興梨園、平谷梨花大道

 1.故宮承乾宮

 初雪が降ると、故宮は紫禁城の時代に戻るとよく言われています。実は雪が溶けても、雪のような梨の花が咲きます。一面の梨の花は、春とともに承乾宮にやってきます。雪のように白いだけではなく、香りも心地良いです。皇室の古典建築と互いに映え、順治帝とその愛妃だった董鄂妃のラブストーリを思い出させます。梨の花に赤い壁と黄色い軒、ふと見上げると、梨の花は雪のようにちらちら散っています。

 2.智化寺

 智化寺は、北京で最もよく保存された明時代の寺です。東城区の禄米倉胡同に隠れているので、雍和宮や潭柘寺ほど有名ではないかもしれません。しかし、一度そこにある梨の木を見に行く価値があります。勝春の季節に、境内をぶらぶら歩き、優雅な宮廷礼楽と無形文化遺産の京音楽を聞き、白い花びらが舞い散っているを見る…その瞬間、時間が止まったような気がします。花の香りに包まれた智化寺の中で、静かな時間を楽しんでください。

 3.大興梨園

 大兴隆にある各荘園の特徴といえば、スイカはもちろん最も人気です。しかし、北京周辺で最大の梨園もそこにあります。花期が一番早く、品種が一番多い。梨の花が咲くたびに、青い空の下は真っ白な花びら、魅惑的な雰囲気が盛り上がります。

 4.平谷梨花大道

 平谷区羅営鎮東寺峪村と胡桃窪村の山の隙に、くねくねと曲がりくねった山道があります。小道の両側に梨の木が佇んでいます。これは有名な梨花大道であり、2020年度の北京の人気観光スポットにも選ばれました。春になると、小道の両側に梨の花がいっぱい咲いています。そよ風吹かれ、心地よい香りが漂っています。特に、春雨の後、地面いっぱいに白い花びらが流れ、まるで「花のせせらぎ」です。ここを散歩すると、まるで白い花の海に身を置いているかのように、すべてのストレスと悩みを忘れます。静寂な時間を楽しみ、自分の心と交流することができます。

 花見のヒント:花見に行く際、マスクの着用や時差入場などの防疫対策に注意してください。また、週末や祝日の人混みを避けるよう、よろしくお願いいたします。花と木に触ることは控え、花見のマナーに注意してください。【李翊菡(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved