北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

一度は行ってみたい人気の北京の観光スポット100カ所:代舎精品民宿

1616476429

 2020年11月18日、北京市文化観光局、北京市商務局、北京市インターネット情報弁公室、北京ラジオテレビ局の指導の下、北京観光産業協会、北京パフォーマンス産業協会、北京アニメーション・ゲーム産業協会が主催する第1回「1度は行ってみたいネット上で人気の北京の観光スポット」ランキングは発表しました。今回は自然景勝地、人的文化景観、文化芸術景勝地、読書スペース、街区・パーク、飲食店・新スタイル小売店、宿泊施設を含む100カ所がランク入りました。それらは、「食、住、交通、遊び、買い物、娯楽」などをカバーした文化旅行体験、消費シーンで、首都北京の新たな姿、古都北京の新たなトレンド、オシャレな新たなランドマーク、消費の新たなシーンを映し出しています。これから、「北京観光」はこれらの「1度は行ってみたいネット上で人気の北京の観光スポット」を1つずつ紹介します。

宿泊施設類――代舎精品民宿

 真っ白な家屋、澄んだ湖、寝椅子、サボテンなどを目にして、地中海といった海外で休暇を過ごすような気分になりますか。ほとんどの人は美しい景色は異郷にあると思い込みます。しかし、北京郊外の奥山に位置するある民宿は独特なスタイルを持ち、人々の心を鷲掴みにする魅力があります。

 北京平谷区の山間部にある代舎精品民宿は、伝統的な農家の赤レンガ造りの家屋を改装し、真っ白なモダンな建物に変身を遂げました。室内は現代的な日本風インテリアを呈し、サンルーム、プール、テラス、寝椅子、サボテンなどがあります。我を忘れて地中海で休暇を過ごしているような気がします。

 代舎精品民宿は平谷区金海湖鎮東馬各庄村に位置しています。一般の新規民宿と比べて、代舎精品民宿はさらに趣があります。庭には延べ5つの客室があります。大きな窓から独特な景色が眺められます。よく見ると、客室ごとに内装や風格が異なり、人々の心を喜ばせる花や草木、レトロなラジオも添えられます。お茶を淹れたり、本を読んだり、歌を聞いたり、テラスで寝椅子にだらだらと日向ぼっこしたりして、頭に何も入れずに存分にリラックスできます。

 代舎精品民宿はお客様のためにシェアキッチンを設けます。小さい農園で新鮮な果物や野菜を自分で摘み取ることができます。さらに、自分で料理を作り、友達や家族に料理の腕を披露することもできます。デリバリーサービスやファストフードに慣れた都会の人々はここで心を落ち着かせ、暮らしの中の素朴さと素敵さを肌で感じます。これこそ生活の元々の姿かもしれません。

 代舎精品民宿には、家具のほかにも、良質な木材が設けられています。ほとんどは塗装されず、そのままの色合いを呈しています。黒と白と灰色のモダンスペースにおいて、自然豊かな雰囲気を十分に醸し出しています。インテリアについて、山に恵まれるという便利な条件を活用します。レストランのシャンデリアに飾られた枝はオーナーである代鑫と父が山で探したものであり、花瓶に挿したシャクヤクとネギは午前中におばあさんの家で摘んできたものであります。

 これらにとどまらず、北京は冬になると、屋外の至るところに物寂しい光景になります。お客様に春の気配を感じてもらうために、代鑫は自ら花畑に足を運び、緑豊かな植物を選んで、区分けし、ほどよく配置します。

 代舎精品民宿に泊まるお客様はいろんなことをエンジョイできます。例えば、四季を通じて、旬の果物が提供されています。3月からイチゴ、杏、さくらんぼ、桃などが相次いで旬を迎えるので、お客様はどの季節に訪れても、旬の果物をもらえ、お土産として家族に贈ることもできます。

 秋になると、クルミがあります。晩秋の頃、真っ赤な柿やサンザシもあります。代舎精品民宿はこれらのものをサンザシの缶詰や黄桃の缶詰にします。冬に新鮮な果物がない時、缶詰を提供し、お客様にユニークな感覚を与えます。自家栽培のクルミを使い、クッキーを作り、お客様に提供します。

 代捨精品民宿のオーナーである戴鑫の紹介によると、代舎精品民宿は自家の庭と芸術スペースの組み合わせであり、北京の平谷区の金海湖畔に位置しており、歩いてわずか三分間で湖まで行けます。ここには、延々と連なった山々、さざ波がきらきらと揺れた澄んだ湖、山一面に広がる紅葉があります。都市の喧騒から遠く離れ、桃源郷のように長閑で快適なところであります。

 住所:北京市平谷区東馬各庄大街四号

 アクセス:バス852番に乗り、平谷バス停まで降ります。同バス停でバス平45番に乗り換え、東馬各庄駅まで降り、128メートル歩いて到着できます。(バス平45番は朝7時から午後4時10分まで運行します)【呉歆沁(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved