北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

【清明節は踏青節】春散策に適する皇家園林:頤和園

1617098443

 三月になると、天気は次第に暖かくなります。気温の上昇に伴い、頤和園の迎春花(日本語で黄梅という)が咲き綻び、黄色い花が密に群がり、春先にはつらつとした活力をもたらします。

 園内には山桃が1800本以上あります。毎年、満開になると、頤和園の西堤(杭州西湖の蘇堤を模して造った橋で繋がる一本の堤)は一目でうっとりさせるような絶景を呈します。湖水に目を向け、ピンクと白に色づく木々が目に映り、空気の中でかぐわしい香りが漂います。心地の良さを感じ、木の下でぐっすり眠りたい気分になるのでしょう。

 西堤沿いに桃の花は咲き誇り、柳が芽吹き、ピンクの桃の花と緑の柳に包まれる頤和園は江南に負けないくらいの美しさを見せます。青い空と白い雲、さざ波が立つ湖をバックにし、桃の花をカメラに収め、フォトジェニックな写真が撮れます。

 西堤には形が異なる六つの亭橋(東屋を持つ橋)があります。桃の花と相まって、ロマンチックな雰囲気を醸し出します。

 昆明湖は庭園全体の約4分の3の敷地を占めています。昆明湖の十七孔橋と咲き盛りの山桃と響き合い、アンティークなムードがあります。ここもお見逃しないでください。

 全園は西山の峰々を背景にし、満開の花々と澄んだ湖のコントラストが美しく、頤和園の景色にさらなる幻を加えます。

 天気がますます暖かくなるにつれて、これから杏の花、楡葉梅、海棠、モクレンとライラックなども鑑賞できるようになります。頤和園は色鮮やかな山水画のような春景色を見せます。

 頤和園の玉蘭(日本語でモクレンという)は名を広く響き渡らします。歴史をさかのぼってみると、頤和園の玉蘭の栽培は二百五十年の歴史を誇っています。当時、乾隆帝と彼の母親は南方で育った貴重な玉蘭が気に入り、乾隆帝は南方から楽寿堂の辺りに玉蘭を植え替えました。したがって、楽寿堂は頤和園の最高の玉蘭鑑賞スポットとなりました。玉蘭が咲くたびに、楽寿堂に入り、庭いっぱいに香りが溢れます。その香りは濃厚でありながらも、鼻につくほどではなく、人々を魅了します。

 2018年に、北京市園林緑化局、北京市公園管理センターは全市で北京の「最も美しい10大樹王」というイベントを組織的に展開し、頤和園の「古玉蘭(由緒ある玉蘭)」は「北京で最も美しい10大樹王」に選ばれました。

 頤和園の邀月門の東側にある玉蘭は、由緒があり、頤和園の唯一の昔から生き延びた玉蘭であります。花びらは真っ白で大きいし、優雅な姿を見せ、すがすがしい香りが遠くまで漂います。毎年、満開時期に入り、ここは香り漂う花が一面に広がり、多くの観光客を引きつけます。ここは、カメラマンにとっても必至の写真スポットであり、更に北京市民にとってなじみ深く、一番好きな観光スポットでもあります。

 住所:北京市海淀区新建宮門路19号

 アクセス:地下鉄4号線に乗り、西苑駅または北宮門駅まで降ります。あるいは、西郊線に乗り、頤和園西門駅まで降ります。【呉歆沁(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved