北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

美しすぎる!鳳凰嶺の杏の花が開花

1617684627

 春の風の中で遠くから山を眺めると、山桃の花や杏の花が咲き誇っており、とても妖艶です。

 四月から、鳳凰嶺では第21回杏の花祭が開催され、鳳凰嶺は一年中もっとも美しい季節を迎えます。

 鳳凰嶺第21回杏花祭

 暖かい春の風に吹かれ、鳳凰嶺の杏の花がようやく咲き始めました。

 おすすめの杏の花の観賞スポット:杏花村

 おすすめの観賞期:3月28日から、杏の花の花期約10日間です。

 時間が経つと、杏の花は色が少しずつ薄くなり、ピンク色から白となってゆきますが、それぞれ独特な魅力があります。

 本日は去年撮影した杏花村の絶景を皆さんにシェアしましょう。今年はぜひ行ってみてください!

 山いっぱいに咲き乱れた山桃の花。山頂に登ると、裏側にもたくさん咲いているのを見て感動しました。

 美しい花の波が重ねて、低い場所では絶対見られない絶景です。

 おすすめのお花見路線と観賞期間は以下のものです。

 杏花村のお花見路線:

 東の入口―杏花村

 徒歩約5分で到着します。近くで杏の花の写真が撮られます。

 おすすめの観光期間:3月下旬―4月中旬

 神泉―飛来石

 色とりどりの花が咲き乱れ、たくさんの見所があります。往復で約3、4時間かかります。

 登山好きの方にお勧めします。険しい道から上に登りながら、花に包まれた山を眺めることができます。壮麗な飛来石塔と白塔ダムを一望することができます。

 おすすめの観光期間:3月下旬―4月下旬

 仙人洞―雄狮峰

 このコースは観光エリアの中心部を通ります。自然景観と人文景観を兼ねたこのコースは、往復でやく1.5時間かかります。家族連れの方にお勧めします。

 おすすめの観光期間:3月下旬―4月下旬

 龍泉寺―黄普院

 黄普院や金剛石塔などの遺跡があり、静かな花見を楽しむことができます。

 注意事項:お戻りの際は、出発の際と同じ路線でお戻りください。

 おすすめの観光期間:3月下旬―5月中旬

 登山の際は無理しないでください。

 春のお茶を楽しむ 

 3月は新茶の季節です。古めかしい明徳茶苑では、トップレベルの龍井茶と安吉白茶が用意されています。鳳凰嶺の泉で沸かされた春茶は非常においしいです。さて、「頭采龍井」とはどういう意味でしょうか?

 「頭采龍井」は蘭の花のように芳しい香りがします。味がわりと薄いですが、口に残された後味が優雅であり、絶品と言っても過言ではありません。

 山間でお茶を飲みながら景色を眺め、のんびりした時間は実に快適です。 漢服好きの女性の方にもお勧めします!

 最後はいいニュースを発表いたします!

 杏花アイスクリーム、鳳凰嶺「杏」福アイスクリームは間もなく発売します!自分の手でつかめる「幸福」という意味を込められたこのアイスクリームは春の散歩に最適です。優しい春の風の中で、綺麗な景色を見ながらアイスクリームを食べる…想像してみただけで幸せになりますね!

 可愛らしい杏の花の形をしたこのアイスクリームには「バラ」と「モモ」二つの味があります。その上、牛乳の味も濃いですから、ぜひ食べてみてください!

 みなさん、ぜひ一年一度の鳳凰嶺杏の花祭にお越しくださいませ!

 注意事項:

 1.鳳凰嶺観光エリアは人数制限、事前予約、時差入場などの防疫対策を徹底しています。花見シーズンには、事前に「北京鳳凰嶺」のWeChat公式アカウントで事前予約を行ってください。

 2.マスクの着用などの防疫対策にご注意ください。

 3.入園の時は、スタッフの指示に従って体温測定を行う必要があります。

 4.登山の時は安全に注意し、無理せずに行動しください。長時間の運動をできるだけ避けるようにしてください。

 5.体の調子が悪いなら、無理やり登山しないでください。

 6.遊覧の時はできるだけソーシャルディスタンスを維持し、「三密」を避けるようにしてください。

 7.リサイクル可能のゴミとその他のゴミを正確に分類してから捨ててください。果物の皮などの生ゴミは降りてから、専用のゴミ箱に捨ててください。

 8.竜泉寺はまだ開放されていません。帰依証の使用は中止になっています。

 9.南線車耳村は防疫対策のためにまだ開放されていません。南線に行く際は入った時の路線に沿ってお帰りください。

 10.正規のルートに従って観光してください。未開発区域に登ることは厳禁です。

 11.観光地区では喫煙禁止、山では火気厳禁です。

 12.援助が必要の場合、お問い合わせ番号62455933に電話してください。【図文/北京鳳凰嶺公式アカウント 李翊菡(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved