北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

まもなくメーデー連休!おすすめ昌平の民宿

1619688102

 間もなくメーデーの連休が始まります。家族や友達と一緒にゆっくりと過ごしたらいかがでしょうか。デパートやカラオケではなく、山の中に行ってみましょう。民俗村の中に静かな民宿を探して、テーブルゲームをしたり、世間話をしたりして、楽しく休日を過ごしましょう。

 北京金岳台逸品温泉ホテル

 北京金岳台精品温泉ホテルは、十三陵景勝地の中に位置しています。北京轴承工場(ベアリング工場)の古い工場を利用し、建て直したものです。このホテルは1960年代の外観を保留しただけでなく、新しい内装とハイテクの配置も備えています。

 天然素材を過度に飾り付けず、装飾工事の跡を隠すことなく、レトロな外観が印象的です。その他、ミニマリズムのデザインや、ユニークな料理など、すべて金岳台で楽しめます。

 ホテル内の環境はとても快適で、まるで山の中に隠れている別荘のようです。都市の喧騒から離れたい方は、ぜひお越しくださいませ。

 金岳台は高級ホテルで、ヨーロッパ風の農場と中国の雰囲気を組み合わせています。敷地面積は約2万平方メートルで、最大150名のお客さんを接待できます。「お客様に豪華な入居体験を提供する」ということは、金岳台の経営理念です。

 ダブルベッド、ダブルベッドルーム、畳など、多様なルームタイプを提供しております。また、イルミネーションや壁、細部までこだわった内装も金岳台の特徴です。部屋ごとに個別浴槽が付いていますので、ミルク風呂にバラの花を少し入れ、ロマンチックな雰囲気が楽しめます。

 家庭式の部屋には庭付きなので、完璧な週末を享受することができます。庭から美しいを眺め、満天の星空を観賞することも可能です。夏は庭でバーベキューをし、冬は外の雪温泉を楽しむ。家族や赤ちゃんを連れて楽しい時間を過ごしましょう。

 ロフトマンションは、「白楼」とも言われています。1階には個人風呂が設けられ、2階は日本式の畳です。庭は巧妙に隅に建られており、プライベート性が重視されています。

 トップクラスの料理が食べたい方は、ぜひ金岳台へお越しくださいませ。国内トップクラスのシェフによる最高の料理が楽しめる他、季節によって創意的な料理も提供しているので、旬の食材を一度味わったらいかがでしょうか。

 電話:010-89788669

 住所:北京市昌平区十三陵鎮下口村三号院

 アクセス:地下鉄昌平線「昌平駅」(C東南口)より約490メートル歩き、バス「昌55路上口線」に乗り換えてください。バス停「大嶺溝新村」より約184メートルです。

 園里十八台

 園里十八台は十三陵水庫から遠く離れていないところにあります。

 地理的な位置に恵まれて、平日はここへ看板料理である水庫魚の試食または宿泊にいらっしゃる観光客が少なくないです。

 電話:010-69745681

 住所:北京市昌平区十三陵南新村北口より東方向80メートル

 後院驿站

 後院驿站は昌平区陽坊鎮後白虎澗村にあります。ここで簡単にオシャレな写真が撮られます。部屋は日本系、森系、工業風など多種多様なテーマがあります。

 現在、後院驿站には庭園4つとイベントの場所があります。各部屋はそれぞれのテーマがあり、古めかしい民国風、情熱の熱帯風、かっこいい工業風、そして質朴なMUJI風があります。

 各部屋に風呂が設けられています。一日中外で遊んできて、自分の部屋で暖かい温泉に入り、完璧な一日にピリオドを打ちましょう。

 カラオケ、カフェ、広い公共休憩エリアなどの施設が完備されています。また、羊蠍子、干鍋鴨頭、陽坊焼きなどのグルメコースもあります。

 バーベキュー専用のプラットフォームもあります。星空の下で友達と「串」を食べながら、美しい田舎で憧れの生活を満喫しましょう。

 夜もにぎやかです。夕食の後、家族と一緒に田舎のカラオケで思いきり歌を歌うことができます。 静かな夜には手持ち花火を燃やし、手の中で綺麗に咲く花火はいい思い出になるでしょう。

 周辺のおすすめ:北京後花園観光エリア

 電話:13011257193

 住所:北京市昌平区後白虎渓村梨園巷21号

 草木縁居

 草木縁居というシリーズ民宿は、延寿鎮湖門村に住んでいる村民の使わずに置く家から改造されたテーマ民宿です。青いレンガと灰色のタイル、木製のドアと窓が、安定していてシンプルで、田園の雰囲気が強いです。

 田園地帯に近づき、カエルやセミの叫び声に耳を傾け、都会の喧騒から離れて、緑の丘や木々の隣に立ち、植生とつながります。これが「草木縁居」という名前の由来です。各家の庭にはさまざまな種類の果樹があるので、植えられた果樹で名付けられています。

 赤い柿

 柿の木が生い茂るこの部屋には「万事順心」という意味があります。柿が成熟すると中庭に柿が枝に満ちた景色が見られます。また、高台の一角に位置し、眺望も素晴らしいです。ドアを開けて中庭に入ると、美しい霧深い山々が見えます。

 銀心閣

「銀心閣」は、中庭にある古いイチョウの木にちなんで名付けられました。木の横にパーゴラがあります。3〜5人の友人と一緒に座って飲んだり生活を楽しんだりするのは幸せですね。

 核桃源 

 核桃源と銀心閣が前庭と裏庭です。裏庭の核桃源はリビングルームがより広く、翼には温泉があります。温泉に入って、静かに庭の景色を楽しむと、時間が遅くなったようです。

 山楂恋

 中庭にあるサンザシの木を見ると、「サンザシの愛」が思い浮かびます。これは死まで純粋で、真っ白なラブストーリーです。このような部屋は、カップルにとても適しています。ラブの真諦について考えることができます。

 また、石榴居、吉栗舍、涵香館などの特色のある民宿があり、自分で選ぶことができます。まさにこの静けさのおかげで、休日ごとに、市内の多くの観光客がここに来て陰山に登り、古代の寺院を訪れ、湖門村の特色のある栗の饗宴を食べ、青い空を見上げます。

 住所:北京昌平区延寿鎮湖門村

 アクセス:地下鉄昌平線で南邵駅(B2北東出口)まで行き、376メートル歩き、長山路に乗り換えて陰山交差点駅で降り、徒歩約15分。

 宝之谷

 夏の始まりに、緑の山々と川に囲まれている場所で静かで涼しい時間を楽しみ、夜中に輝いている星星を抱くことが一番です。北京宝之谷国際会議センターはまさにこのような場所です。十三陵ダムや苹果テーマパークに隣接するセンターには空気が爽やかで環境もよく、レジャー、バーケーション、スポーツに適しているところと言えます。

 車を運転して水庫東路に沿って走り、国家電力集団公司党校という看板を見ると、すぐ院内に曲がり、そこで会議センターが見えます。

 ここには大きな庭があり、果樹もたくさんあるため空気が新鮮だ!駐車所には日よけに利用できるソーラーパネルがあります。それ以外に、広いロビー、空間が大きな客室、綺麗な洗面所、快適なマットレスなどもあります。

 ファミリールームでは「小さなテント」とおもちゃも用意しています。

 住所:北京市昌平区十三陵鎮北新村東

 電話:010-60761999

 侃譜小院

 昌平区興寿鎮の下苑村は学術、文芸の集まるところであり、多くの文化人がここに住んでいます。

 下苑村の侃譜小院は村の古い屋敷から改造されたものです。侃譜小院の北屋は北地方の民家の形が残されています。

 侃譜小院西楼の1階にあるホールは沈降式の庭園とつながっています。ここに腰を掛け、ギターを弾きながら歌ったり、世間話をしたり、ゲームをしたりすることができます。夜はここで星と月を眺め、家族や友達と一緒に幸せな時間を過ごすことができます。

 侃譜小院は全部で客室7つあります。北屋は古い民家から改造された中国式のスイートルームと中国式のツインルームです。南のビルの一階には2つのダブルルームがあり、2階は空中花園付きの部屋です。西のビルの二階のツインルーム二つあります。

 侃譜小院は質朴で快適です。ドアを開けると公共スペースがあり、ドアを閉めるとプライベートの空間を利用することができます。侃譜小院の二階にある花園で、夕陽に黄色に染められた村を眺めることができます。

 村に入ると、独特なデザインが村の芸術の雰囲気を表しています。芸術家たちの自由な芸術理念と審美理想を知ることができます。

 下苑村の西側にある侃譜小食堂(3月1日営業再開予定)は「小食堂」という名前ですが、貴州酸湯魚が看板メニューとされています。酸っぱいスープが非常に美味しいです。ここは北京から10キロ以上離れていますが、市内に在住の方もよく車でこのグルメを食べに通っているそうです!

 ここは普通のレストランだけでなく、芸術展示館でもあります。古めかしい梁と白い壁は芸術的な雰囲気を作り上げています。芸術家の作品を掛けたり、自然に小さな芸術館となりました。グルメを楽しみながら、作品を観賞することもできます。

 周辺のおすすめ:上苑、下苑芸術家村、桃峪口ダム

 住所:北京市昌平区興寿鎮下苑芸術家村93号

 電話:13522073712(ヴィーチャットアカウントも同じ番号です)【李翊菡(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved