北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

メーデーにお出かけするならここ!真っ赤に染まるツツジ絶景

1619690895

 「人间四月芳菲尽,山中百花始盛开(四月になると、世の花々が咲き終わり、山間の花々は咲き初める)」。

 春の花見なら、北京懐柔で千ムーの野生種サカイツツジ(中国語で高山杜鹃という)を観賞しましょう。4月25日、「北京喇叭溝門満族郷第四回ツツジ文化祭」は幕を切りました。数百万本のサカイツツジが山々を美しく彩り、青空の下で緑豊かな木々の間に赤く色づくツツジは風に靡かれ、笑み割れます。

 南猿嶺(白樺林)風景区の入り口から鉄塔亭まで歩きながら、咲き乱れるツツジが目に映ります。氷河観賞区のツツジも咲き誇ります。風光明媚な日に、思い切って花見の旅をしましょう。北京懐柔まで足を伸ばし、ビジュアル的な楽しみを存分に味わいます。

 喇叭溝原始森林風景区は春になると、まるで花の海に変身します。名だたるサカイツツジのみならず、梨の花、アンズの花、サクランボの花、ライラック、また名前が知らない数多くの山花に山間が覆い尽くされます。

 「万壑树参天,千山响杜鹃。山中一夜雨,树杪百重泉(山間に木が高くそびえ、ホトトギスは山々を鳴き渡る。一晩中雨が降り注ぎ、枝葉に水滴が跳ね落ちる)」。

 「轻剪梢头薄薄罗,子规湔血恨难磨。园林莫道香飞尽,绿树枝头不用多。(ツツジの薄い花びらは絹のようで、鳴いて血を吐くホトトギスの恨みが込められる。園林に花々が舞い降りたが、枝にわずかな赤花でも十分)」。

 「杜鹃花与鸟,怨艳两何赊。疑是口中血,滴成枝上花。(ツツジとホトトギスは互いの艶やかさを羨ましがる。ツツジが吐いた血こそがツツジを真っ赤に染めるのではないか)」。

 「何须名苑看春风,一路山花不负侬。日日锦江呈锦样,清溪倒照映山红。(有名な園林に春花を見に行く必要がなくて、道に咲き乱れる山花が目を楽しませる。ツツジの姿は澄んだ湖に映され、美しさが一層際立つ)」。

 「闲折二枝持在手,细看不似人间有。花中此物是西施,芙蓉芍药皆嫫母。(二本のツツジを手に持ち、よく見ると世の中のものではない気がする。この花は西施という並々ならぬ美人のように、芙蓉と芍薬よりひときわ美しい)」。

 今の原始林は若緑に染まり、生まれたばかりの赤ん坊のように可愛らしいです。冬の長い休みを経て、森羅万象が蘇り、生気に満ち溢れます。

 「回看桃李全无色,映得芙蓉不是花。(ツツジの美しさと言うと、桃の花と芙蓉が比にならない)」。

 昔、ホトトギスは夜鳴きして血を吐き、山花を赤く染めたという伝説があります。ツツジは一般的に春に咲き初め、漏斗状の花をつけ、赤、ピンク、白など花の色もさまざまで、中国で古くから親しまれてきた花の一つで、「花の西施(中国の四大美人のうちの一人)」と称されます。ツツジの花言叶は「とこしえに君のものだ」と言われます。

 氷河観覧区は南猴岭風景区の南に位置しており、山陰にあり、その奥山に数百メートルからある氷河があります。六七月でも、前の年の冬に消え残った雪が見られます。咲き乱れる山花ときらきらとした氷と雪とのコントラストは、不思議な絶景を呈します。

 南猴岭風景区でチケット(大人:40元)を購入する必要があります。このチケットで南猴岭、氷河、百丈崖という三つの風景区を遊覧することができます。体力がある方なら、往復15 キロメートルの徒歩コースに挑戦しましょう。登山道は傾斜が緩やかなので、気軽に歩けます。白樺林までシャトルバス(片道30元、往復50元)で直行するのがおすすめです。片道3.5キロメートル、徒歩で約1時間かかります。シャトルバスに乗り、体力を省き、鉄塔亭を征服しましょう。山を下りたら、夏涼宮リゾートで食事をし、少し休憩してから自動車で氷河観覧区に行きます。無料駐車場の利用ができます。また、南猴岭風景区には充電スタンドがあり、インフラ施設が整備されています。

 夏涼宮の飲食と宿泊

 北京夏涼宮リゾートは南猴岭風景区の入り口から500メートル離れたところに位置しており、飲食・宿泊・娯楽が一体化した二階建てのリゾートレストランです。広いダイニングルームでは最大700人で同時に食事をとることができます。みずみずしい野菜やグリーン製品を中心に、健康にいい特色ある定番料理を提供します。羊の丸焼き、ウサギの丸焼き、焼き魚、チキンとキノコの煮込みなどはここの名物料理です。雄大な山々を背にし、澄んだ湖を面したリゾートの宿泊エリアは、山と水に囲まれ、山紫水明の地となります。主に花崗岩で建てられたリゾートには、古めかしいムードが漂います。

 夏涼宮の娯楽

 夏涼宮リゾートには会議室6室、400平方メートルのマルチホールがあります。200人まで収容でき、会議、研修、公演、交流活動、キャンプファイヤーなどの依頼を受け入れます。

 原始林風景区は北京懐柔小中学生社会大課堂の資源単位です。毎年、数多くの小中学生がここで社会実践活動を行います。原生林風景区は613種以上の植物、300種以上の動物を有し、多様な生態系を誇ります。自然に恵まれ、景色が美しく、動植物が多種多様な原始林風景区は、学生たちに絶好の体験チャンスを与えます。風景区には社会大課堂の専用ホールが設けられます。

 リゾート予約:010-60627640;010-60620166

 営業部門:010-60620188

 弁公室:010-60627676

 バスルート:東直門長距離バスターミナルでバス916番に乗り、懐柔南大街東口まで降ります。道の向こう側でバスH 62番に乗り換え、家園駅まで降りてからバスH 43番のバスに乗り換え、黄甸子村まで降ります。1000メートル歩いて、喇叭溝原始森林公園のチケット売り場に到着できます。あるいは、家園駅でバスH11に乗り、湯河口まで降りてから、喇叭溝門孫栅子行きのバスに乗り換えます。

 ドライブルート:京順路(101国道)京承高速道路を走行し、懐柔城区に着いてから、北に向かい、懐豊道路(111国道)に沿って喇叭溝郷政府に着いてから、左に曲がり、喇叭溝原始森林公園に到着できます。【図文/北京喇叭溝原始森林公園 訳/呉歆沁(実習)】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved