北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

連休は北京・博物館巡りへ!中国国家博物館篇

1619798487

 中国国家博物館は優れた中華優秀伝統文化と革命文化、社会主義文化の代表的な物的証拠を収集、研究、展示、解釈する最高機関であり、国家の最高の歴史文化芸術ホールであり、文化のリビングルームでもあります。

 中国国家博物館は建築面積が世界最大の博物館で、総建築面積は約20万平方メートルあり、総敷地面積は7万平方メートルあります。建築の総高さ42.5メートルで、地上5階、地下2階です。 現在のところ、所蔵品は140万点以上あり、古代文物、近代文物、書籍・古籍、美術品などさまざまなカテゴリーにわたっています。そのうち、古代文物所蔵品が81.5万点(セット)、近代・現代文物所蔵品が34万点(セット)、書籍・古籍などが24万点(冊)、合わせて6000点(セット)の一級文物があります。近年、特に第十九回党大会以降、中国国家博物館は、革命文化や現代の先進文化を反映する代表的な物証の収集に力を入れており、社会に向けて文物を募集しています。毎年の平均募集量は古代文物約50点、近代・現代文物や芸術品約1000点です。

 豊富な研究資源や強固たる研究基礎、充実な研究力を持つ中国国家博物館は、中国の博物館事業の発展において先頭を切る存在です。

 おすすめ展覧

 月球サンプル001

 場所:中国国家博物館 西ホール

 展示開放時間:2021/2/27~

 広大な宇宙を探索することは、人類共通の夢です。 月は地球に最も近い惑星であり、資源も豊富であることから、ほとんどの国が月を探査することで宇宙開発を発展させてきました。2004年、党中央委員会は中国の経済と科学の発展の全体的な流れを把握し、月探査プロジェクトを実施するという重大な戦略的決定を行いました。それから17年、中国は月探査プロジェクトの6回の打ち上げを成功させ、2020年12月17日には、「嫦娥五号」の帰還モジュールが安全に着陸し、1731グラムの月球サンプルを持ち帰り、中国初の外部天体サンプルの返還を初めて達成し、強大な宇宙国家を構築する過程において重要な節目を迎えました。

 中国古代貨幣

 場所:南11展示ホール

 中国の古代貨幣は長い歴史を持ち、5000年以上にわたる中華文明に浸み込み、徐々に体系的で、完全で、豊かで、広範で、独特な中国の古代貨幣文化に進化し、優れた中国の伝統文化の重要な一部となり、世界の貨幣史の中でもユニークな存在となっています。また、近隣の国や地域の貨幣の使用にも大きな影響を与えており、5000年以上にわたり途切れることのない輝かしい中華文明を反映した重要な代表的物証となっています。

 中国古代服飾

 場所:北18ホール

 展示開放時間:2021/2/6~

 中国は「衣冠王国」と呼ばれており、何千年もの間、中国の衣装文化の発展は、古代の物質的・精神的な文明の発展を反映しているだけでなく、中国民族の絶え間ない生活も描いてきました。中国古代の服飾は、王朝の儀式や社会的アイデンティティを制度的に表現したものであるだけでなく、古代中国の社会政治構造や文化的価値観の象徴でもあります。また、織物、染色、刺繍などの工芸技術と密接に関連しており、中国人民の勤勉な知恵と旺盛な創造性を反映しています。さらに、民族統合の文化交流を生き生きと描いたものでもあり、衣装の変化の一つ一つが、民族大統合時代の異文化の交流と相互理解の結果でもあるのです。

 瀋陽故宮所蔵清朝宮廷珍品

 場所:北4ホール

 展示開放時間:2020/12/31~

 瀋陽故宮は清の時代初期の建設、使用された王宮で、ヌルハチ時代から建てられ、皇太極の時代に完成され、康熙、乾隆の時代に増改築を繰り返し、清朝が山海関外にいた時代に作った巨大な宮殿群で、盛京故宮とも呼ばれ、国家重点文物保護単位となっています。

 瀋陽故宮を基礎として設立された瀋陽故宮博物院は、清の時代の宮廷芸術の宝物が非常に豊富に所蔵し、清の時代の宮廷芸術の最高の成果が代表できるだけでなく、清の時代の宮廷の礼儀、生活習慣、芸術文化、宗教観などを体系的に反映することもできます。【許洱(実習)】

文・北京旅行網

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved