北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

500ムーのラベンダーが咲き乱れる藍調荘園、気軽に撮った写真でもモーメンツでが人気を集める

1627546266

 夏には、様々な過ごし方があります。その中で絶対に見逃してはならないのは、ラベンダーの花を楽しむことだと言えます。

 赤と青がぶつかると、美しい紫が生まれます。赤いバラが成熟して魅力的だとしたら、ラベンダーは、無邪気な少女のような感じがします。

 プロヴァンスの美しい伝説によって、ラベンダーは多くの女の子の心にロマンスの代名詞となっています。青い空と白い雲の下に広がる紫の花は、まるで夢の中にいるかのようです。

 今ではプロヴァンスまで行かなくても、北京朝陽区の藍調荘園ではラベンダーの花を楽しむことができます。中国国際貿易センターからわずか18キロのところにあります。  

 荘園の総面積は1,000ムーで、そのうち500ムー近くがラベンダー畑です。多くのカップルが結婚写真を撮るために訪れます。

 小さなテントが用意されており、来場者の憩い場となっています。白い音符のアイコンは、写真を撮るのにもってこいの場所です。

 この夏、白いドレスを着て、花の中で最も美しい写真を撮ってみませんか。

 ラベンダーに加えて、木陰もあり、とても涼しい庭です。

 ラベンダーの開花期間が1年に2~3ヶ月しかないので、早めに手配することをお勧めします。

 藍調荘園では、ラベンダー以外にも様々な見所があります。

 農耕文化の展示エリアでは、古い物が庭に持ち込まれ、60年代や70年代の人たちの記憶が呼び起こされます。

 「豊」と書かれた大きな穀物庫を見て、毎年の豊作と平和を願っています。

 鳴き声のする水車、ピンクの小さな紙傘、江南にいるかのような感じがします。

 石臼の赤い漆には「財源滾滾(お金が貯まると言われる縁起物)」と書かれていて、なんとも素敵な願いが込められています。この石臼を押せるかどうか試してみましょう。

 荘園にはサイバーパンクアートの彫刻もたくさんあります。この彫刻は奇妙な形をしていて、「鉄巨人牛魔王」と名付けることにします。  

 列車に乗ることで、いつもとは違うロマンスを楽しむことができます。

 また、50以上の温泉プールがあり、それぞれ異なる機能を持っています。

 大人はスパマッサージ、子供はシャボン玉や水遊びができます。壁には「I LOVE YOU」の(という)文字が書いてあります。ヨーロッパ式の広い浴場もあり、北京での数日間の雨の後、湿気を吸い取ってリラックスするのに最適です。そして、水が飛び散って涼しくなるウォーターパーク(となります)もあります。大きな青いプールを見るだけで、飛び込んで泳ぎたくなりますよ。

 住所:北京市朝阳区金盞郷楼梓庄藍調荘園

 アクセス:639番のバスに乗り、楼梓庄馬家溝駅で下車します。

 チケット:各プログラムごとに個別のチケットが用意されているほか、ご要望に応じてパッケージでのご購入も可能です。

 電話:010-59427577 【翻訳/韓喬 校正/範夢琴】

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved