原始森林を堪能できる北京双竜峡自然風景区

1633939814

 双竜峡自然風景区は門頭溝区斎堂鎮火村の西にあり、明清代の伝統的な建物で有名な川底下村から9キロメートルほどの距離に位置し、北京市の中心部より約90キロメートルを離れています。双竜峡は百滝谷、京西小九寨とも呼ばれています。峡谷は全長15キロメートルに及び、植物の被覆率は95パーセント以上に達します。玉龍湖、日月潭、仙女湾、牛角湖、第二滝、原始森林などの観光スポットは人気があります。十里以上に流れている渓流、数え切れない滝、美しく咲いている杏、海のように果てしない森林と包まれた青い山からなっているのは桃源郷のような双竜峡自然風景区であります。

 双竜峡には、躑躅、ライラック、バラ、ユリ、桔梗、ミシマサイコ、イチゴなどの鑑賞、薬用、希少価値のある植物に富んでおります。双竜峡自然風景区は、毎年の6月末から7月初旬にかけて、20ヘクタールほどの畑で採れる特産の杏を味わうことができます。

 特に、双竜峡自然風景区に宿泊施設が備えております。現地のホテルは独立洗面所つきのダブルルームなどが設置され、同時に200人を収容することが可能です。

 営業時間:

 ピークシーズン:7:30-18:00(3月15日―11月15日)

 オフシーズン:7:30―18:00(11月16日―翌年3月14日)

 電話番号:010-69819310

 旅行に最適な時期:終年

 所要時間:終日

 入場料:30元

 往復列車:20元(始発列車:7:30 最終列車:17:50)

 ボートツアー:半時間60元

 ターフスキー:一回30元

 コンボチケット:

 入場料+往復列車:50元

 入場料+往復列車+ボートツアー(半時間):60元

 入場料+往復列車+ボートツアー(半時間)+ターフスキー(一回):80元

文・北京旅行網

モデルコース
人気おすすめ