北京の秋を満喫できる名所:香山公園

1634177724

 香山公園は金の大定26年に創建され、今から900年近くの歴史もあります。元・明・清の時代には、香山に離宮別院が建てられ、夏から秋にかけて皇帝が狩りをして涼をとった場所でした。

 香山の紅葉は長い歴史を持っており、壮観で美しく、早くも金の時代からすでに詩人に称賛されるようになりました。

 香山紅葉は五角カエデ、三角カエデ、柿など樹種があり、栽培面積が最も大きいのは黄櫨で、10万本近くもあります。

 香山公園では文化財・古跡が多く、亭や楼閣が星のように山林に点在しています。燕京八景の一つである「西山晴雪」がそこにあります。明・清二代の建築様式を集めた「碧云寺」もそこにあります。

 国内で残っている唯一の木製貼金「五百羅漢」があり、パンチェン・ラマ6世を迎える行宮「宗鏡大昭之廟」もあります。江南風の古雅な庭園「見心斎」もあります。

 住所:北京市海淀区売買街40号【呂文開 訳】

北京旅游网翻译

モデルコース
人気おすすめ